セイコーゴールデングランプリ大阪2018!男子100m優勝予想と結果速報!

出典:https://www.spology.jp/

セイコーゴールデングランプリ2018が今年も5月20日に開催されます。

昨年は川崎での開催でしたが、今年は大阪での開催です。

最近の日本陸上界は記録更新ラッシュで、かなり盛り上がっています。

男子100mでは、桐生祥秀選手が日本人初となる9秒台をマークし、東京オリンピック2020に向けて夢が膨らみます。

今年のセイコーゴールデングランプリ2018大阪の注目は、なんと言っても男子100m、200mに加えて、オープン競技ですが、リオオリンピック銀メダルのリレー侍の再結成です。

男子100mには、ロンドン世界陸上2017男子100mにおいて、ウサイン・ボルトを破り金メダルを獲得したジャスティン・ガトリンの参戦するようです。

そんな、大注目のセイコーゴールデングランプリ2018大阪の男子100mの優勝予想と結果速報、テレビ放送や、リレー侍についてもチェックしていきましょう。

 

セイコーゴールデングランプリ2018大阪の日程とテレビ放送をチェック!

・日程:2018年5月20日(日)11時~17時
・会場:ヤンマースタジアム長居
・テレビ放送:5月20日(日)15:00からTBS系列で生中継
・チケット:「チケットぴあ」にて前売り券の購入が可能です。
・チケットの購入はこちら

チケットはB席1500円から購入可能ですが前売り券でB席以外の購入で公式プログラムがついてくるようです。

・会場地図

続いては、男子100mの出場予定選手をチェックっしていきましょう。

 

セイコーゴールデングランプリ2018男子100m出場選手

◆男子100m出場予定選手◆

・ジャスティン・ガトリン (USA)PB 9.74
・桐生 祥秀(日本生命) PB 9.98
・山縣 亮太(セイコー) PB 10.00
・多田 修平(関西学院大学) PB 10.07
・ケンブリッジ 飛鳥(Nike) PB 10.08
・宮本 大輔(東洋大学) PB 10.23

上記の選手が、男子100mに出場予定です。

続いては、男子200mの出場選手を見てみましょう。

◆男子200m出場選手◆

・アイザック・マクワラ (BOT) PB 19.77(BOTはボツワナの略)
・デドリック・ドュークス (USA)PB 19.97
・謝 震業 (CHN])PB 20.20
・飯塚 翔太(ミズノ) PB 20.11
・藤光 謙司(ゼンリン) PB 20.13
・原 翔太(スズキ浜松AC) PB 20.33
・山下 潤(筑波大学) PB 20.59

この様に、男子100m、男子200mの出場選手は豪華なメンバーが揃っています。

では、昨年のセイコーゴールデングランプリ2017の男子100mの結果を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

セイコーゴールデングランプリ2017年男子100mの結果は?!

昨年のセイコーゴールデングランプリ2017の男子100mの優勝は、ジャスティン・ガトリン選手でした。

この大会で、最も話題を集めた選手が、多田修平選手でした。

ジャスティン・ガトリン選手も、多田修平選手のスタートダッシュに驚いていたようです。

昨年の結果詳細は以下になります。

・優勝:ジャスティン・ガトリン 10秒28
・2位:ケンブリッジ飛鳥 10秒31
・3位:多田修平 10秒35
・4位:サニブラウン・ハキーム 10秒42
・5位:蘇炳添 10秒43
・6位:エマヌエル・マタディ 10秒67
・7位:ケマル・ハイマン 10秒68
・8位:大瀬戸一馬 11秒05

続いては、今年のセイコーゴールデングランプリ2018大阪の男子100mの優勝予想にまいります。

 

セイコーゴールデングランプリ2018大阪「男子100m優勝予想!!

では、優勝予想にまいります。

まずは、出場選手ををもう一度確認しておきましょう。

・桐生 祥秀(日本生命) PB 9.98
・山縣 亮太(セイコー) PB 10.00
・多田 修平(関西学院大学) PB 10.07
・ケンブリッジ 飛鳥(Nike) PB 10.08
・宮本 大輔(東洋大学) PB 10.23
・ジャスティン・ガトリン(USA) PB09.74

上記の選手の中から優勝者が出るわけですが、実力から言いますと、ジャスティン・ガトリン選手がダントツの優勝候補です。

ですが、トラックシーズンは始まったばかりです。

昨年の優勝タイムも10秒28ですし、まだまだ全選手ともに完全に仕上がってはいない状況です。

セイコーゴールデングランプリの後は、日本選手権も控えていますし、そちらに照準を合わせている選手もいるかと思います。

ですが、これだけの豪華メンバーでのレースですので、真剣勝負をお願いしたいですね。

個人的な感情が入りまくりなんですが、ココで優勝予想、順位予想をしていきたいと思います。

堂々の優勝は、桐生祥秀選手!!

やはり、日本人唯一の9秒台の選手としてのプライドが、桐生祥秀選手を更に進化させると思っています。

今大会での9秒台は出ないにせよ、優勝候補の筆頭です。

以下、順位予想です。

2位:ジャスティン・ガトリン
3位:山縣亮太
4位:多田修平

こんな感じの順位になるのでは無いでしょうか?!

ジャスティン・ガトリン選手の調子次第では、日本人の表彰台独占の可能性もありますが、流石にそれは無いでしょうね。

 

リオオリンピック銀メダルのリレー侍が再結成?!

今回のセイコーゴールデングランプリでは、オープン競技という位置づけですが、男子400mリレーにおいて、リオオリンピックで銀メダルに輝いたメンバー走るそうです。

対抗チームのメンバーはまだハッキリ決まってないようですが、多田修平選手と、藤光謙司選手はメンバーとして出走するようです。

男子100mも注目度が高いですが、こちらの男子400mリレーも盛り上がること間違いありません。

桐生祥秀【静岡国際2018】ケンブリッジ飛鳥・飯塚翔太と直接対決!結果速報!
ケンブリッジ飛鳥VS山縣亮太【織田記念2018】結果速報!優勝タイムと順位をチェック!
桐生祥秀の就職先である【日本生命】に陸上部なし?実働無し?練習拠点は東洋大学!

 

セイコーゴールデングランプリ2018大阪男子100m結果速報!

ガトリン選手が1位で10.06

以下の順位はこのような結果です。

2着 山縣亮太10.13
3着 I・ヤング10.13
4着 桐生祥秀10.17
5着 ケンブリッジ飛鳥10.19

 

今回は、セイコーゴールデングランプリ2018大阪の男子100mの優勝予想と結果速報をお届けしてきました。

セイコーゴールデングランプリ2018大阪が開催される前に、織田記念や、静岡国際等が開催されますのでそれらの結果を鑑みて随時優勝予想を更新していきたいと思います。

良かったら他の記事も、見ていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください