ニューイヤー駅伝2019優勝予想と結果速報!コースと注目選手をチェック!

出典:https://www.yamazakipan.co.jp/


今年も残りわずかとなりました。

来年の元旦のお楽しみと言えば、ニューイヤー駅伝ですね。

今年も全国の6地区の予選を勝ち抜いてきた実業団チームによる熱い戦いが待っています。

というわけで今回は、ニューイヤー駅伝2019の優勝予想と結果速報、コースと注目選手についてチェックしていきましょう。

まだ、区間エントリーなどは直前まで分かりませんが情報が入り次第追記していきますので、よろしくおねがいします。

 

第63回ニューイヤー駅伝2019のコースと日程・テレビ放送をチェック!

第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会・ニューイヤー駅伝は2019年1月1日(月)に開催され、9時15分にスタートします。

スタート・フィニッシュ地点を群馬県庁とする7区間全長100kmのコースです。

一年中で、最も群馬が盛り上がるイベントの一つです。

・日程:2019年1月1日(月)9時15分スタート
・スタート地点:群馬県庁
・ゴール地点:群馬県庁
・全7区間:全長100km
・出場チーム:37チーム
・テレビ放送:2019年1月1日(日)8時30分~14時30分【TBS系列】

ニューイヤー駅伝2019のコースマップがこちらです。

出典:https://gpscycling.net/hakone/newyear.html

クリックすると拡大します

各区間の距離と中継所は以下のとおりです。

◆1区◆
・スタート・群馬県庁~高崎中継所・高崎市役所(12.3km)
◆2区◆
・高崎中継所・高崎市役所~公田中継所・前橋市公田町(8.3km)
◆3区◆
・公田中継所・前橋市公田町~伊勢崎中継所・伊勢崎市役所(13.6km)
◆4区◆
・伊勢崎中継所・伊勢崎市役所~太田中継所・太田市役所(22.4km)
◆5区◆
・太田中継所・太田市役所~桐生中継所・桐生市役所(15.8km)
◆6区◆
・桐生中継所・桐生市役所~西久保中継所・伊勢崎市西久保町(12.1km)
◆7区◆
・西久保中継所・伊勢崎市西久保町~ゴール・群馬県庁(15.5km)

コースマップでも分かるように、ぐるっと1周って感じのコースです。

では、出場チームを見ていきましょう。

 

第63ニューイヤー駅伝2019の出場チーム一覧

【東日本】12チーム

1.富士通:29年連続(29)
2.カネボウ:4年連続(56)
3.SUBARU:19年連続(19)
4.Honda:35年連続(36)
5.コニカミノルタ:34年連続(44)
6.小森コーポレーション:2年ぶり(35)
7.ヤクルト:6年連続(39)
8.プレス工業:10年連続(10)
9.日清食品グループ:24年連続(24)
10.日立物流:7年連続(7)
11.八千代工業:9年連続(14)
12.JR東日本:2年ぶり(13)

 

【中部】7チーム

1.トヨタ自動車:30年連続(40)
2.トーエネック:7年連続(9)
3.愛知製鋼:14年連続(35)
4.愛三工業:18年連続(18)
5.NTN:14年連続(55)
6.トヨタ紡織:22年連続(22)
7.中央発條:5年連続(36)

 

【北陸】2チーム

1.YKK:27年連続(29)
2.セキノ興産:3年連続(4)

 

【関西】4チーム

1.NTT西日本:11年連続(54)
2.SGHグループ:24年連続(25)
3.住友電工:2年連続(5)
4.大塚製薬:8年連続(25)

 

【中国】3チーム

1.マツダ:17年連続(54)
2.中国電力:27年連続(27)
3.中電工:23年連続(23)

 

【九州】9チーム

1.旭化成:33年連続(56)
2.九電工:44年連続(50)
3.MHPS:10年連続(23)
4.黒崎播磨:8年連続(31)
5.安川電機:29年連続(41)
6.トヨタ自動車九州:10年連続(17)
7.西鉄:4年連続(16)
8.戸上電機製作所:初出場
9.ひらまつ病院:2年連続(2)

※カッコ内の数字は各地区の出場枠数

では、ニューイヤー駅伝2018の結果を見てみましょう。

 

ニューイヤー駅伝2018の結果と順位

順位Noチーム名記録
11旭化成4:52:18
211Honda4:54:30
32トヨタ自動車4:54:39
43トヨタ自動車九州4:56:25
56富士通4:56:53
67DeNA4:59:08
75コニカミノルタ4:59:09
84MHPS4:59:10
912安川電機4:59:15
1016愛三工業4:59:17
1136住友電工4:59:21
1224九電工4:59:40
1313愛知製鋼4:59:43
149中国電力5:00:09
158日清食品グループ5:00:54
1623NTN5:01:27
1720NTT西日本5:01:42
1817カネボウ5:01:49
1922八千代工業5:01:50
2031西 鉄5:01:50
2110日立物流5:01:59
2229SUBARU5:02:55
2327プレス工業5:02:56
2414黒崎播磨5:02:56
2518トヨタ紡織5:03:02
2625YKK5:03:47
2719ヤクルト5:03:55
2815マツダ5:04:14
2928中央発條5:04:15
3021大塚製薬5:04:21
3135サンベルクス5:05:48
3230トーエネック5:06:28
3334警視庁5:07:05
3426SGホールディングスグループ5:07:10
3533中電工5:08:37
3637ひらまつ病院5:14:19
3732セキノ興産5:14:56

優勝は、旭化成でした。

ニューイヤー駅伝での最多優勝回数23回を誇る旭化成、さすがといったとこですね。

続いては、ニューイヤー駅伝2019の優勝予想にまいります。

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2019優勝予想・打倒旭化成!

ニューイヤー駅伝2019の優勝候補の筆頭はなんと言っても旭化成で間違いないと思います。

王者である旭化成をどのチームが倒すのかがかなりのポイントです。

2017、2018のベストテンがこちら。

【ニューイヤー駅伝2017】
1.旭化成
2.トヨタ自動車
3.トヨタ自動車九州
4.MHPS
5.コニカミノルタ
6.富士通
7.DeNA
8.日清食品グループ
9.中国電力
10.日立物流

【ニューイヤー駅伝2018】
1.旭化成
2.Honda
3.トヨタ自動車
4.トヨタ自動車九州
5.富士通
6.DeNA
7.コニカミノルタ
8.MHPS
9.安川電機
10.愛三工業
11.住友電工
12.九電工
13.愛知製鋼
14.中国電力
15.日清食品グループ

この2年間の成績や、現状を踏まえて優勝争いに絡みそうなチームは・・・。

・旭化成
・HONDA
・トヨタ自動車
・MHPS
・富士通

上記の5チームが中心となってレースが展開されると思います。

個人的には、HONDAの優勝に期待しますが、旭化成の総合力にはかなわないと思います。

したがって、優勝予想は「旭化成」と思います。

なんだか、大学駅伝の「青山学院大学1強」と同じような感じになりますが、旭化成で間違いないと思います。

ですが、優勝チーム以外にも注目選手は結構いますので、そちらを見ていきましょう。

 

ニューイヤー駅伝2019注目選手をチェック!

◆設楽悠太◆

出典:https://sports.yahoo.co.jp/

注目選手の筆頭は、HONDAの設楽悠太選手です。

このニューイヤー駅伝2019の後に東京マラソン2019にも参加予定です。

設楽流の負荷の高いトレーニングの一環として、ニューイヤー駅伝2019でもおそらく区間賞争いに絡んでくると思います。

 

◆井上大仁◆

出典:https://www.sankei.com/

アジア大会2018のマラソンでは、見事金メダルを獲得した井上大仁選手。

設楽悠太選手同様に、東京オリンピック2020での活躍が期待される、MHPSのエースです。

 

◆遠藤日向◆

出典:https://twitter.com/

若干20歳の遠藤日向選手は、前回のニューイヤー駅伝2018の1区で区間賞。

高校生から大学に進学せずにダイレクトで実業団に入った天才ランナー。

今回のニューイヤー駅伝2019でも必ず活躍してくれるはずです。

 

ニューイヤー駅伝2019結果速報!

順位チーム名タイム
1位旭化成4:51:27
2位MHPS4:51:31
3位トヨタ自動車4:52:34
4位富士通4:53:17
5位コニカミノルタ4:53:37
6位トヨタ自動車九州4:54:16
7位マツダ4:54:20
8位カネボウ4:55:02
9位中国電力4:55:02
10位SUBARU4:55:07
11位安川電機4:55:22
12位小森コーポレーション4:55:37
13位中電工4:55:40
14位住友電工4:55:47
15位九電工4:56:15
16位日清食品グループ4:56:23
17位トーエネック4:56:41
18位日立物流4:57:32
19位愛知製鋼4:57:51
20位大塚製薬4:57:53
21位トヨタ紡織4:58:17
22位黒崎播磨4:58:47
23位ヤクルト4:58:52
24位Honda4:59:23
25位NTT西日本4:59:24
26位八千代工業4:59:26
27位YKK4:59:28
28位プレス工業4:59:36
29位NTN5:01:46
30位愛三工業5:02:13
31位西鉄5:02:22
32位JR東日本5:02:54
33位SGホールディングスグループ5:03:35
34位中央発條5:05:59
35位セキノ興産5:08:26
36位ひらまつ病院5:17:13
37位戸上電機製作所5:18:23

 

さて、ニューイヤー駅伝2019の優勝予想は当たるでしょうか。

もし良かったら他の記事も読んでいってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください