上門大祐【大塚製薬】のwikiプロフィール!東京五輪マラソン出場なるか!?

出典:http://www.otsukakj.jp/

 

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

12月3日に開催した、MGCシリーズの第71回福岡国際マラソン。

 

この大会は大迫傑選手の圧倒的なパフォーマンスに日本中が驚かされましたが、一方でサブテンを達成し、MGC出場権をゲットした選手がいます!

その一人が今回紹介する上門大祐(うえかどだいすけ)選手です。

上門大祐【大塚製薬】選手は総合6位(日本人2位)でフィニッシュし見事サブテンを達成し、MGC出場権を獲得しました。

上門大祐選手のwikiプロフィールと東京オリンピックにマラソンで出場の可能性についてチェックしていきたいと思います!

 

上門大祐【大塚製薬】のwikiプロフィール!

 

名前:上門大祐(うえかどだいすけ)
生年月日:1993年12月11日
年齢:23歳
身長:不明
体重:不明
出身地:京都
出身高校:北稜高校
出身大学:京都産業大学【法学部】
所属:大塚製薬

自己ベスト

5000m:14分06秒13
10000m:28分48秒22
ハーフマラソン:1時間03分28秒

マラソン記録
2016.02.21 2時間17分54 京都マラソン 優勝
2017.03.05 2時間12分58秒:びわ湖毎日マラソン 10位
2017.12.03 2時間09分27:福岡国際マラソン 6位

 

今回の福岡国際マラソン2017が、マラソン3回目のチャレンジで、サブテン達成です!!

約2年の間に、マラソンの自己ベストを8分短縮するって強烈なインパクトですよね!!!

では、京都産業大の時のレースを見てみましょう!

 

京都産業大時代の初マラソンの結果はいかに?!

 

京都マラソン2016が2月21日(日)、開催され、京都産業大学陸上競技部の上門大祐選手がマラソン男子の部に出場し、大会最速の2時間17分54秒で見事初優勝しました。

以下が上門大祐選手のコメントです!

京都産業大学で4年間やってきて、生まれ育った京都の地で走る機会を最後につくっていただき、とても楽しかったです。春からは実業団に入り、更に頑張って応援していただける選手になります!
まだ、目標まで道半ばですが、目の前の事をコツコツと地道に取り組めば結果はついてくると信じて、1日1日を大切に過ごしたいと思っています。
この4年間で強くしていただき、感謝しています。本当にありがとうございました。

このコメント、本当に素晴らしい、地元に愛着があることが感じられますよね~!!

この時のタイムが2時間17分54 秒で、たった2年で、サブテン(2時間10分以内)の記録を叩き出すなんて本当にスゴイ!!

続いては、福岡国際マラソン2017年を振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

 

上門大祐選手の福岡国際マラソン2017の結果は?!

このインタビューは福岡国際マラソン2017のレース後のものなんですが、上門大祐選手はこのようにお話されています!

質の高い練習をこなしてきたので、調整も完璧に出来ました。
一番高い目標が2時間10分切りで、最低でも自己ベストを狙っていました。
今日の結果は出来過ぎ!!
京都産業大学時代は伊藤監督の指導のもとで努力、練習を積んできたことが、自分の根底にあると思います。
大塚製薬に入って、それに磨きがかかって、今回の結果に繋がった
チャンスを貰った(東京オリンピック)からには、絶対に狙っていきたい!
3年後は26歳で一番乗っている年齢だと思うので、そこで戦えるように準備していきたい。

このようなコメントです!

では、上門大祐選手の次の予定はどのような感じになるんでしょうか?!

 

上門大祐選手の次の予定は?!

上門大祐選手の予定は、1月に開催されるニューイヤー駅伝2018になります!

大塚製薬代表選手として出場されるのでは無いでしょうか!!?

ニューイヤー駅伝関西ブロックの予選会の模様はこちらの動画です!

上門大祐選手は、1区(12.6km)を担当し、区間3位39分07秒でした。

ニューイヤー駅伝2018年でも、おそらく1区での起用になるんでは無いでしょうか?!!

続いては、上門大祐選手の東京オリンピック出場の可能性について考えてみたいと思います!

ニューイヤー駅伝2018優勝予想と結果・速報!注目選手をチェック!

 

上門大祐選手は東京オリンピックのマラソン代表をGET出来るのか!?

福岡国際マラソン2017年の終了直後にコメントしていましたが、チャンスをものにしていきたいとおっしゃっていました!

つまり、東京オリンピックのマラソン代表選手を目指すと言ってると同じです!

まだまだ、MGCの権利すら手にしていない選手が多い中、この先、上門大祐選手は、マラソンの練習に集中することが出来ます。

 

そのように考えると、断然他の選手よりも有利な状況にあります。

しかもたった2年で、自己ベストをこれだけ短縮する能力や、ポテンシャルがある選手です。

東京オリンピックの代表選手になる可能性はかなり高いのでは無いでしょうか?!!

 

まとめ

・上門大祐選手は現在大塚製薬所属の23歳
・福岡国際マラソン2017で2時間9分27の好タイム
・MGCの権利を獲得
・東京オリンピックのマラソン代表選手になる可能性はかなりある

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます!

福岡国際マラソン2017でMGC獲得の竹ノ内佳樹【NTT西日本】のwikiプロフィールはこちらです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です