設楽悠太【東京マラソン2018】結果速報!日本記録更新で1億円の報奨金GETなるか?

出典:https://kyotore.jp/


長い間低迷していた、日本男子マラソン界に最近ようやく光が差して来ました。

昨年の福岡国際マラソン2017では、ナイキオレゴンプロジェクトの大迫傑選手が、日本歴代5位の記録を叩き出し東京オリンピック2020に向けて盛り上がりをみせて来ています。

大迫傑選手と共に日本男子マラソン界のエースである設楽悠太選手が東京マラソン2018に参加します。

 

ネット上では、口が曲がってる、とか顔が曲がってるとか失礼なことを言われていますが、設楽悠太選手の最近といえば、日本国内では完全に無双状態の強さをみせています。

というわけで今回は、設楽悠太選手の東京マラソン2018の結果速報はもちろんのこと、日本記録更新まで視野に入れて書いていこうと思います。

設楽悠太は口曲がってる?兄の啓太と画像で比較!見分け方をチェック!

 

設楽悠太選手のプロフィールと自己ベスト

名前:設楽悠太(したらゆうた)
生年月日:1991年12月18日
年齢:25歳
ニックネーム:ゆたしゃん
出身地:埼玉県
出身大学:東洋大学経済学部卒業
所属:Honda
身長:170cm
体重:48kg
血液型:不明

自己ベスト

・1500m : 3分48秒29 (2015年)
・3000m : 7分59秒97(2012年)
・5000m : 13分34秒68(2015年)
・10000m : 27分42秒71(2015年)
・ハーフマラソン :1時間00分17秒 (2017年)日本記録
・マラソン:2時間09分03秒 (2017年ベルリンマラソン)

設楽悠太選手はハーフマラソンの日本記録保持者で、フルマラソンの経験は、2回です。

フルマラソンの初挑戦が2017年の東京マラソンで、2回目がベルリンマラソンです。

最近では、ニューイヤー駅伝や、都道府県男子駅伝などで、ぶっちぎりの強さをみせています。

 

設楽悠太選手は着実に進化していると感じさせるパフォーマンスをみせていますが、実際に東京マラソン2017やベルリンマラソン2017等の30km地点までのハイペースな走り方を見ていると日本記録の更新も射程圏内にあるのでは?と思わざるを得ません。

では、実際に日本記録を更新するとなぜ、1億円がの報奨金が貰えるのかを見ていきましょう。

 

マラソン強化制度【Project EXCEED】とは?

マラソン強化制度である【Project EXCEED】この斬新なシステムによって、男女ともに日本記録の更新で1億円が獲得できるのです。

では、【Project EXCEED】について詳しく見ていきましょう。

 

日本男子マラソンの歴代1位の記録は2002年に高岡寿成選手がシカゴマラソンでマークした、2時間6分16秒、女子では、2005年に野口みずき選手がベルリンマラソンでマークした2時間19分12秒。

これらの日本記録を超えるという意味合いをはじめ、通常の取り組みでは越えられないものを超える、既成概念を打破するというような思いと希望が込められています。

このプロジェクトの目指すところは、多くのトップアスリートを擁する日本実業団陸上競技連合が、マラソン日本記録を越える複数のスター選手を輩出し、その勢いをもって東京2020オリンピック時メインスタジアムにマラソンで日の丸を掲げることだそうです。

 

つまり、東京オリンピック2020までに、世界で通用する選手、もっと言えば、東京オリンピックでメダルを獲得することが最終目的だと思います。

まあ、東京オリンピック2020で日本勢の惨敗だけは避けたいという思いが強いのだと思います。

では、【Project EXCEED】のシステムはどのようになっているんでしょうか?

 

マラソン日本記録「突破」褒賞制度概要

対象記録
・男子:2時間6分16秒のマラソン日本記録更新
・女子:2時間19分12秒のマラソン日本記録更新

褒賞金
・選手:1億円
・監督・チーム:5000万円

対象選手
・日本陸連に登録されている日本人選手
(実業団登録の有無に拘らず)

対象レース
1・日本陸連が記録を公認する大会(国内)
2・日本陸連が登録選手に参加を許可し、記録が公認される大会(海外)
3・オリンピック、世界陸上選手権大会、アジア大会

上記のような制度となります。

実業団登録の有無に拘らず、これはつまり、川内優輝選手や、大迫傑選手など全ての選手にチャンスが有るということになります。

マラソン日本記録更新で1億円のボーナス!!

しかも、指導者まで5000万円もらえちゃう!!

こんな、マラソンをやってる選手にとっては夢のようなプロジェクトですが、さて設楽悠太選手は、東京マラソン2018で、日本記録更新が出来るでしょうか?

では、昨年の設楽悠太選手のマラソンについて振り返って見ましょう。

スポンサーリンク

設楽悠太選手の2017年のマラソン・ハーフマラソンの結果

まずは、2017年設楽悠太選手の初めてとなるフルマラソンの挑戦です。

東京マラソンは2017年大会より新コースとなりました。

新コースは、後半の起伏のあるコースから、記録の出やすいフラットなコースへと変更になり、世界記録も狙える様な高速コースに様変わりしました。

 

フルマラソン初挑戦で設楽悠太選手は20km地点まで世界記録を、25kmまで日本記録を、どちらも上回るハイペースで飛ばしたんですが終盤に失速し、日本人3位という結果に終わりました。

このレースを振り返り、設楽悠太選手はこのように語っています。

「35km以降、ヤバかった。頭がクラクラした。足は置いているだけで全然、地面を蹴れなかった。世界との差を感じた」

その後、9月チェコのウスティナドラベムで行われたハーフマラソンに出場し、1時間0分17秒の日本新記録を樹立して8位。

佐藤敦之選手が2007年に出した1時間0分25秒を10年ぶりに8秒更新しました。

そして、ハーフマラソンから、8日後のベルリンマラソンでは。

またしても、自己ベストを更新。

このベルリンマラソンでも25km地点までは、日本記録を狙える程のハイペースなレースをみせますが、やはりレース終盤に失速し、2時間9分3秒でフィニッシュしています。

東京マラソン2018の直前の唐津10マイルの結果がこちらです。

では、東京マラソン2018での日本記録の更新は可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

設楽悠太選手【東京マラソン2018】日本記録更新の可能性

では、設楽悠太選手は、自身3回目となるフルマラソンで日本記録更新は出来るのでしょうか?

東京マラソン2018への意気込みを見てみましょう。

日本記録より6秒早い2時間6分10秒を目標に掲げ、「(日本記録更新は)厳しいかもしれないが、絶対に破るという気持ちを忘れずにやりたい」と話されています。

昨年末の福岡国際マラソン2017では、大迫傑選手が、日本歴代5位の好記録で久しぶりに日本男子マラソンに明るい話題が出てきました。

 

桐生祥秀選手も9秒台を出しました。

いい波が来ているんじゃないかと思います。

しかも、日本記録更新となれば、ボーナス1億円ですからね。

選手のモチベーションはかなり高くなるんじゃないでしょうか。

設楽悠太選手の課題は、もちろん後半のペースダウンになると思うのですが、そこをしっかりクリア出来れば、日本記録の更新も夢では無いと思います。

 

設楽悠太選手の東京マラソン2018結果速報

本当にやっちゃいまいたね!!

設楽悠太選手、東京マラソンで2018での日本記録更新おめでとうございます。

記録は、2時間6分11秒で、日本記録を5秒更新でした。

1億円GETおめでとうございます。

ライバル関係にある、大迫傑選手からも先に記録更新されちゃった的なコメントが有りました。

今後も、設楽悠太選手から目が離せませんね。

今回は設楽悠太選手の東京マラソン2018について書いてきました。

良かったら他の記事も見ていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください