東京マラソン2017!下田裕太【青山学院大学】が学生記録に挑戦!オタクって本当!?

出典:https://startdash.net/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

さてもう間もなくに迫ってきました東京マラソン2017。

日本人の期待の選手について紹介させていただきたいと思います。

 

そんな中でも特に今回は若くてかわいいまだ20歳で青山学院大学在学中の下田裕太選手について書いていこうと思います。

今年の箱根駅伝でも8区で区間賞の成績でしたね、

東京マラソン2017も期待しちゃって良いと思います。

スポンサーリンク

 

下田裕太選手のプロフィール

名前:下田裕太(しもだゆうた)
生年月日:1996年3月31日
年齢:20歳
血液型:A型
身長:169㎝
体重:53kg
出身地:静岡県小山町
出身高校:加藤学園高等学校
所属:青山学院大学
趣味:アニメ(特にアイドルマスター)

 

下田裕太選手の自己ベスト

5000m:13分53秒96
10000m:28分33秒77
ハーフマラソン:1時間2分22秒(2015年)
フルマラソン:2時間11分34秒(東京マラソン2016、10代新記録)

 

下田裕太選手箱根駅伝から東京マラソンまで

下田裕太選手は青山学院大学に入学した後2年生の頃から箱根駅伝に出場しています。

2016年の第92回箱根駅伝に初出場。

復路の8区を走り、区間歴代3位となる1時間4分21秒で区間賞を獲得しています。

 

この2016年の箱根駅伝で青山学院大学大学は往路1区からトップを独走し、先頭を譲ること無く完全優勝を果たした衝撃の大会でした。

因みにこの箱根駅伝ですが、全区間は10区間で構成されていてどの区間もだいたい20km位の距離になります。

下田裕太選手が走った8区は平塚~戸塚までの21.4kmです。

 

そして2016年の2月に行われた東京マラソン2016年に参加。

この大会がマラソン初参加です!

でもってこのマラソン初参加で10代日本人最高となる2時間11分34秒で日本人2位という驚きの走りを見せました。

 

因みにそれまでの10代日本最高タイムは、1992年に砂田貴裕選手がつくった2時間15分30秒です。

この記録を3分56秒も短縮したことについて本人は「狙っていました。」とコメントしています。

この大会後青山学院大学監督の原普監督は下田裕太選手のリオ五輪行きを強く訴えていたがオリンピックいきはならなかったですね。

 

そして今年の箱根駅伝も復路8区で出場し2016年と同タイムの1時間4分21秒で区間賞を獲得しています。

また青山学院大学が大会3連覇を達成し、出雲、全日本とあわせて大学駅伝3冠を達成しています。

今年の東京マラソン2017では学生記録を更新してほしいですね。

現在の学生記録は現在中央大学の監督をしている藤原正和さんの2時間8分12秒だそうです。

関連記事はこちら→東京マラソン2017芸能人は誰が走るの?過去の参加者と優勝賞金はいくら?

スポンサーリンク

下田裕太選手は無名な選手だった!?

もともと中学時代はソフトテニス部所属で、陸上は加藤学園高等学校に入学してからのことです。

高校3年生の時には陸上部の主将を務め全国高校駅伝に出場し3区を走るも区間では35位のけっかでした。

そんな下田裕太選手をスカウトしたのが青山学院大学監督の原普さんです。

 

当時の下田裕太選手のフオームは我流でぎこちないものの生命力がある走りだったそうです。

現在は原普監督の指導により体の軸を固定するフォームをみにつけています。

今でこそ一流ランナーの仲間入りを果たしていますが大学1年生の時は箱根駅伝のエントリーメンバーには登録されましたが出場は出来ていません。

高校時代は無名な選手でしたが原監督の指導と本人の努力によって凄い選手になっていますね。

 

アニメオタクって本当?

出典:http://i1.wp.com/

趣味のところにも書いたように、アニメが大好きなようです。

アイドルマスターシリーズの大のファンで特に水瀬伊織,七尾百合子のファンだそうです。

 

好きな女性有名人も七尾百合子の声優を務める伊藤美来さんとのことです。

このようなことを隠さず公言されています。

しかしこのようなアニメオタクなところを隠さない姿が多くのアニメファンから支持されているようです。

こちらが水瀬伊織画像です

出典:http://idolmaster875.blog.fc2.com/

因みに七尾百合子画像はこちら

出典:http://idolmaster875.blog.fc2.com/

ツイッターでもかなりの好感度!


https://twitter.com/2ekiden5/status/729295856390705152

 

まとめ

高校時代は無名な選手だった。

原監督にスカウトされて青山学院大学に入学。

箱根駅伝は2度参加して2度とも区間賞。

東京マラソン2016では日本人2位でゴールし10代日本歴代最高記録を更新した。

アニメオタクである。

東京マラソン2017では学生新記録を狙ってほしい!

 

関連記事はこちら→三代目山の神の神野大地が青梅マラソン2017に挑む!!結果も随時報告!!

 

2月8日追記

下田裕太選手は東京マラソン2017に参加できない!?

欠場に関する記事は以下を御覧ください。

今年の箱根駅伝で8区区間賞を獲得し、大会3連覇に貢献した青学大3年の下田裕太(20)が、東京マラソン(26日)を欠場することが7日、分かった。

前回大会は日本人3位で10代マラソン記録(2時間11分34秒)を樹立し、8月の世界選手権(ロンドン)の代表選考を兼ねる今大会では招待選手として出場予定だった。箱根駅伝や全国都道府県対抗男子駅伝の疲労蓄積で右足に痛みが出ており、この日原監督と相談して結論を下した。

右足は重傷でないが、十分な準備ができておらず、本番は調整不足となる可能性が高かった。5日の神奈川ハーフマラソンも欠場していた。東京五輪期待の若手は、故障前に「学生記録も頭にいれながら、2時間10分を狙いたい」と話していたが、無念の欠場となった。最後の世界選手権選考レースとなるびわ湖毎日(来月5日)も出場しない。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

残念な結果となりました。

非常に期待していただけに残念です。

しかし若くてこの先の有望株ですので無理は禁物ですね。

次の機会に是非頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です