2017/08/31

初心者こそ心拍数機能がおすすめ!ランニングウォッチの選び方6つのポイント!

GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ GPS 心拍計 VO2Max ライフログ 50m防水 ForeAthlete 235J ブラック×レッド 【日本正規品】 FA235J 37176H
ガーミンフォアアスリート235j
こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

私がランニングを始めたのは2013年ごろ。
初心者のうちは普通の時計を巻いて走って
いました。

でも最近ではランニングウォッチを使っ
ています。

でもランニングウォッチって、あんまり
お店にも置いていないんですよね。
だから結局アマゾンや楽天などの通販で
購入することになってしまいます。

ということで今回はそんなランニングウォッチに関する記事です。

・ランニングウォッチの機能
・ランニングウォッチのメリット
・ランニングウォッチの選び方のポイント
・初心者ランナーにおける心拍数計の重要性

これらのテーマについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ランニングウォッチの機能

ランニングをする上で自分の走った距離や、タイムなんかを詳しく知る事は非常に大事なことですね。

最近はスマホのアプリでも距離やタイムが測れるものがありますが、なぜランニングウォッチをおすすめするかと言いますと。

スマホを身に着けて走るわけですから、スマホケースとしてウエストポーチやアームバンド等を使わなければなりませんね。

それって結構邪魔だと思いませんか??

 

しかもフルマラソン等の大会に出るんであれば極力身軽な状態で走りたいですよね~!

ランニングウォッチがあればスマホを身につけることなく、スマホアプリ以上の機能でランナーのことをサポートしてくれます。

ではそんなランニングウォッチの代表的な機能にがこちらになります!

1.クロノグラフ機能(=ストップウォッチ)がある。
2.ラップタイム(区間タイム)がとれる。
3.防水機能が付いている。
4.バックライトが付いていて暗闇でも表示が見える。
5.文字盤のデジタル表示が見やすい。
6.ボタンが押しやすい
7.GPS機能がついている。
8.心拍計機能が搭載されている。

これらが代表的な機能になります。

そんなランニングウォッチの価格帯ですが、安いもので3000円、高いものになると100000円なんて商品も存在します。

ではランニングウォッチのメリットについて見ていきましょう!

 

ランニングウォッチのメリットとは!?

1.ランニングを記録として残すことが出来、自分の走りを客観的に見ることが出来る
2.1キロあたりのペースなど、具体的に把握できる。
3.心拍数測定機能で運動強度の調整が可能。
4.スマホを持って走らなくていい。
5.見た目がカッコイイ。
6.モチベーションが上がる。

これらがメリットとして上げられます。

中でもペースを知らせてくれる機能なんかは1キロごとに音がなったり、ランニングウォッチそのものが振動してお知らせてくれるため、非常に役立ちます。

また後でも説明しますが、心拍数測定の機能はその日、その時の自分の体調を示してくれるもので、オーバーワークになるのを防ぎ結果としてケガの予防にも役立ちます。

では実際にランニングウォッチを購入する場合、どのような選び方をすればいいんでしょうか?

スポンサーリンク

ランニングウォッチの選び方のポイント

1.GPS機能(みちびき対応)
2.バッテリー稼働時間(GPS稼働時)
3.防水機能
4.アプリとの連携
5.心拍数測定機能
6.画面の見やすさ

これらの機能が搭載されているのか否かをチェックしておきましょう。

 

1.GPS機能(みちびき対応)

GPS機能とは、衛星を通して今いる場所を判断する仕組みです。

GPS機能によってランニングでの距離やペースが正確に算出されるのですね。

この機能が凄く走っていて役に立つんですよ~!

ランニング中に1キロ毎に音や振動(バイブ)でお知らせしてくれます。

あと、みちびき対応と説明に書いてあるタイプのランニングウォッチがあるんですが、「みちびき」は、ビルなどが密集する地域での衛星信号のキャッチが早く正確に行われるメリットがあると言われています。

 

2.バッテリー稼働時間(GPS稼働時)

ランニングウォッチを購入するにあたって確認してほしいのが、このバッテリーですね。

お値段によって様々なので注意が必要です。

・充電時間
・連続使用可能時間

ここに注目して欲しいですね!!

基本的にただ単にランニングウォッチを時計として使用するぶんには10日以上持つものが多いのですが、GPS稼働時の連続使用時間となると5時間~10時間と結構幅があります。

フルマラソンなんかは5時間以上かかるのは普通のことです、ランニングウォッチで5時間の連続使用時間では短い気がしますね。

ですので連続使用時間は8時間以上あるものを選ぶ事をおすすめします。

 

3.防水機能

日々のランニングや、マラソン大会で雨が降ってくるとなんてことはしょっちゅうあることです。

夏場なんかは、突然の夕立に遭うこともしばしばです。

というわけで防水機能は必須の機能になってきます!

 

4.アプリとの連携

パソコンやスマホのアプリと連動していると、日付、距離、タイム、コース、ラップタイム、カロリー消費量、月間走行距離などあらゆる情報が記録されます(アプリによって記録される情報は違います)。

ですが、ランニングウォッチの種類によってはアプリと連携していないものもあるんです。

アプリと連携することで、パーソナルデータが残るわけですから、走った証が残せます。

これってかなり重要な事だと思うんですよね。

自分なんかも、今月は何キロ走ったとか、来月は何キロ走ろうとかモチベーションのアップにつながっています。

 

5.心拍数測定機能

色々な意見があると思いますが、個人的には心拍数測定機能は超重要だと思います!!

この心拍数測定機能がつくだけでお値段が急上昇してしまうんですが、それでも初心者には特に必要な機能だと思います。

自分の心拍数を理解すると言うことは、自分はどのぐらいのペースで走れば適当なのか、また脂肪燃焼に適した心拍数などが理解できます。

 

心拍数測定は2つのタイプがあって、光学式とハートレートモニターがあります。

光学式と言うのはランニングウォッチを巻いているだけで、心拍数を測定してくれるというもの。

ハートレートモニターは胸に巻いて使用するためちょっと走りにくいですよね。

 

6.画面の見やすさ

ランニング中は静止しているときよりも目線が上下するためにただでさえ見にくい状況ですよね。

ですので、画面の見やすさは非常に重要です。

バックライトや、操作性などレビューを参考にして購入することがポイントです。

最近では、腕を傾けるだけで見やすい表示をしてくれるようなスグレモノもありますのでじっくり検討してください。

 

初心者ランナーにおける心拍数計の重要性とは!?

ではなぜ初心者ランナーに心拍数測定機能が必要なのかを考えていきましょう。

ランニングを行っている方の多くは基本的に「距離」や「時間」をもって目標と定めていませんか?

でも人間その日、その時によって体調が変化していますよね。

 

なのに目標を「距離」や「時間」で定めてしまっていたら、体調が悪いのに無理やり目標を達成しようとしてしまいがちです。

このことはオーバーワークにつながりケガの原因となります。

調子のいい日もあれば悪い日もあるのです。

 

その日の調子というのは中々数字には出来ませんので、無理をしてしまいがちなんですね。

そんな時に心拍数を測ることで、その日、その時の状態を数値化出来るわけなんです。

というわけで心拍数機能のおかげで正しい負荷が理解出来るようになるんです。

以上の事が初心者に心拍数測定機能のランニングウォッチをおすすめする理由になります。

一押しランニングウォッチ

 

 

ランニングウォッチまとめ

ランニングウォッチの購入時のポイントと、初心者ランナーに心拍数測定機能がおすすめの理由について書いてきました。

特に心拍数測定機能に関しては、そんな機能要らないよっていう方もいらっしゃるかと思いますが、自分の心拍数を知ることでいろんなことが理解できてきますし、オーバーワークやケガの予防にも役立ちます。

ランニングウォッチを上手く使って良いランニングライフを!!!

スポンサーリンク