2017/05/28

ランニングの時の財布ってどうしてますか?ランニングポーチがオススメです!

出典:http://blog.zige.jp/

こんにちは~!タケボーヤです。

ランニング中やマラソン大会に参加する時って皆さんお金ってどうしていますか?

ランニング中コンビニや自動販売機で何か購入したくなったり、遠くまで走ってきたものの、途中で疲れてしまってタクシーを使って帰ってきたいとか、走ってる時でも意外とお金を持っていないと不安になりませんか?

 

だからといってポケットの中に小銭やお札を入れたまま走るのも邪魔になりませんか?最近では良くランニングポーチを身に着けて走っているランナーをよく見かけますよね。

今回はランニング中の財布について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

ランニングのパターン

 

1.近所での周回コースのランニング

2.近所のランニングコースでのランニング

3.遠方のランニングコースでのランニング

4.マラソン大会

 

 

1.近所での周回コースのランニング

近所でのランニングであれば基本的にそんなにお金が必要になることも無いと思いますが、夏場などは途中で水分補給を行うことがあるかもしれません。

 

2.近所のランニングコースでのランニング

ランニングコースまで車以外で行けるのであれば1と同様に途中での水分補給用のお金だけで事足りますね。

 

3.遠方のランニングコースでのランニング

遠方でのランニングは当然車や電車等を利用してコースまでやってきますので、その分持参品が増えてきます。また免許書や車の鍵、クレジットカード、Suicaなど貴重品などの問題が出てきます。

 

4.マラソン大会

基本的にマラソン大会では荷物預かりなどのサービスがあります。

ですので大きな荷物は問題ないのですが、やはり免許書や車の鍵、クレジットカード、現金などは持っていないと不安です。

 

ランニング用財布って?

グーグルで「ランニング用財布」と検索すると一応それらしきランニング用の財布がヒットします。画像等を見るとリストバンドのように手首に巻くタイプの財布(リストウォレット)などがあります。

しかし、最近は財布というよりもほとんどのランナーがランニングポーチを身に着けて走っていますよね。私も日々のランニングはランニングポーチを装着して走っています。しかも最近のランニングポーチ身体にしっかりフィットして全く揺れないのでとても走りやすくてオススメです。ですので財布をわざわざ持ち歩かなくてもしっかり収納ができるウエストポーチにお札や、小銭、免許書や車の鍵、クレジットカード、現金などを入れて走ることが可能です。

 

 

 

上記のように様々なタイプのランニングポーチがあります。

ベルトタイプやポーチタイプなどがありますので、自分に合ったものを選択すると良いと思います。

フィット感重視であれば、ベルトタイプ。収納重視であればポーチタイプというようにですね。

 

ペットボトルを入れても揺れずに安定して走れる物もあります。

私は基本的にはポーチタイプを使用しています。

ベルトタイプも使ったことはあるんですけど、鍵などの尖ったものを入れて走ると身体に当たって痛かったので・・・。

また近所でのランニングの場合はランニングポーチにスマートフォンを入れておけばお財布ケータイ機能で現金を持たなくても済みます。

 

ランニング時の財布まとめ

ランニングやマラソン大会では現金などの貴重品を持って走ることになると思います。
最近ではほとんどのランナーがランニングポーチを使用しています。
貴重品はランニングポーチに収納してしまえば基本的に財布をわざわざ持つ必要はないと思います。

しかしながらロングランの場合や夏場などは、かなりの発汗があります。
直に現金をウエストポーチに入れておくと汗でびしょ濡れになります。
そんな時はせめてお札だけはジップロック等に入れた後にランニングポーチに収納すると良いと思います。

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

関連記事はこちら→初心者こそ心拍数機能がおすすめ!ランニングウォッチの選び方6つのポイント!

スポンサーリンク