2016/12/01

タッチタイピング!!練習方法!超初心者からの脱却

こんちは! タケボーヤです。

2016年の5月からブログを始めたのですけど、文字入力が遅くて困っています。パソコンと出会ってからはや20年が経とうとしています。そんな私はブログを始めるまで全くもってタッチタイピングに興味がなく、左右の人差し指オンリーでタイピングしていました。

 

タッチタイピング(ブラインドタッチ)とは

タッチタイピングとはキーボードを見ずにキーを打ってパソコンに正しく文字を入力する技術の事。一昔前まではブラインドタッチという呼び方が一般的でしたが、最近ではタッチタイピングという呼び方が一般的です。

 

タッチタイピングを始めたきっかけ

タッチタイピングを始めたきっかけは勿論ブログを始めたことです。それまでは文章を入力しなけばならない環境に無く、インターネットが出来ればいいやって思ってました。パソコンとの出会いから20年後にようやくタッチタイピングを意識したしだいです。(笑)

 

現在のタイピング能力

タイピングを始める前はまずキーの位置を覚えていませんでしたから。20年もパソコンと付き合っていたにもかかわらずキーの位置さえ覚えていなかったこの事実。結構衝撃的ですよね。(笑)人間って意識して何かに取り組まないと全然成長しないんですね。さて現在のタイピング能力ですが・・・・。まずキーの位置については覚えました。ただまだまだタイピングの速度は遅いですね。ただスクリーンを見ながらタイピングすることで、タイピングミスは激減しました。この先の課題はスピードアップですね。

 

タッチタイピングの練習

タッチタイピングの練習についてですが、私の場合有料のタイピングソフトを購入しました。ネットで無料のやつもあるんですが・・・・。私は有料のやつが合いました。タッチタイピングを始めたのが5月からなので、今3ヶ月目です。その間ほとんど休むことなく毎日練習を行いました。(最低の日は5分程度)

 

まだまだ物足りない状況ですが確実に進歩しています。はっきり言ってこんなに早くここまでになるとは思ってませんでした。と言うのもほぼ毎日10分程度の練習で猛特訓していた訳では無いからです。逆に言えば一日10分3ヶ月である程度出来る様になったことに驚きを隠せません。

 

タイピングのコツ

タイピングコツについてですが、皆さんの意見をまとめてみました。

 

1.絶対に手元を見ない。

2.決められた指で打つ。

3.毎日練習。

 

以上になります。

 

私の場合

私の場合に限っての事ですが(42歳からのタッチタイピング)、兎に角毎日1度はキーボードに触ってみる。最低5分でも良いのでタイピング練習をやってみる。練習用ソフト(有料)等を用いて効率の良い練習を行う。あと、ホームポジションを絶対守るって事でしょうか。ホームポジションで特に大事なことはキーボードのjとfのキーです。jとfのキーにはでぱっりがあってホームポジションをキープする上で非常に大切なキーになっています。ホームポジションマジで大事です。

自分はこれを使って練習しました!

 

まとめ

タッチタイピングに関してのまとめですが・・・・。一番大切なことはタイピングに対する意識を替える事だと思います。と言うのも、タッチタイピングを意識して3ヶ月程度で結構普通にタッチタイピングが出来た自分がいるからです。以前絶対できないこととして捉えていたものも、その気になればなんとか出来るものです。

 

因みに私が購入したタイピングの教科書は税抜き880円です。タッチタイピングに対する投資は微々たるものです。投資云々では無いのかもしれませんが。要は本人のやる気ですかね。私の場合はやる気と言うか一度始めたことを辞めたくないって意識が強かったです。

未来に向かって

今現在の自分の能力は全然低いと思います。そうですね~。そりゃ~機関銃のようにタイピングしたいですよ。
どれだけ作業効率が上がることか。おそらくですが、タッチタイピングが出来るようになればパソコンに対する意識もだいぶん変わってくるって思います。なので自分に課せるテーマとしてタッチタイピングってのがある訳です。とりあえず1年後どの様になっているかってのは楽しみデスね。(笑)

 

終わりに

現時点でタッチタイピング3ヶ月。この先も時系列でブログに書いていこうと思います。なのでこの先も続く企画
になると思います。42歳からでも色々なことに挑戦出来ることを示して行けると良いと思います。

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。