2017/09/04

大迫傑ナイキ・オレゴンプロジェクトでの練習メニューを動画を交えて検証してみる!!

出典:http://onyourmark-asset.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

大迫傑選手が所属しているナイキ・オレゴンプロジェクトをご存知でしょうか!?

大迫傑選手はトラック競技で日本記録を2つ持つほどの実力者であるにも関わらず、実業団なんかには所属していませんよね。

 

早稲田大学を卒業後日清食品に所属していたんですが、現在はナイキ・オレゴンプロジェクトで練習を行っています。

そのナイキ・オレゴンプロジェクトというのが超一流アスリートの集団で、打倒アフリカ勢を目標に活動しています。

今回はそんな大迫傑選手の所属するナイキ・オレゴンプロジェクトでの練習について動画を交えて検証して見たいと思います。

スポンサーリンク

 

ナイキ・オレゴンプロジェクトとは!?

出典:https://rr.img.naver.jp/

2002年打倒アフリカ勢を目指しアメリカ北西部に位置するオレゴン州ポートランドに創設。

打倒アフリカ勢を掲げて世界の各地からトップ選手を選抜招集しています。

このナイキ・オレゴンプロジェクトの所属選手は10名前後で構成されており、独自の理論と世界屈指の環境によって育成される超エリート集団なんです。

そんなナイキ・オレゴンプロジェクトに大迫傑選手は、大学4年の時に練習参加を許可されます。

その後2015年にアジア人として初めて正式メンバーとしてチームに参加しています。

 

大迫傑選手はなぜナイキ・オレゴンプロジェクトに参加したのか!?

大迫傑選手は、早稲田大学を卒業後いったん日清食品に所属しています。

その後にナイキ・オレゴンプロジェクトに所属することになるんのですが、それには大学1年生のときの苦い経験が影響しています。

2010大学1年生の世界ジュニア選手権の時に海外勢に周回遅れという屈辱をあじわいます。

 

この時に、このままの練習をやっていてもだめだと感じたそうです。

では、なにをしなければならないのか、その答えはスピードだと思ったそうです。

つまり、スピードをしっかりつけれるような練習が出来るチームが良いと思うようになったそうです。

 

そのような思いから、ナイキ・オレゴンプロジェクトに参加されたそうです。

では大迫傑選手は、実際にナイキ・オレゴンプロジェクトでどのような練習メニューを行っているんでしょうか?

 

大迫傑選手の動画

こちらがナイキ・オレゴンプロジェクトでの様子がわかる動画です↓↓
大迫傑選手のナイキ・オレゴンプロジェクトの動画はこちらになります

 

スポンサーリンク

ナイキ・オレゴンプロジェクトでの練習メニューは!?

大迫傑選手はスピードを強化することについてこのように語っています。

海外のレースを見ている日本人がい言うことが、「海外勢のペースの上げ下げに対応出来るトレーニングをしなければいけない!」と言われることが多いんですが、レースの一部分を切り取るのではなく、全体としてのスピードが重要。

つまり、レース全体を通じてのスピードの底上げが重要と語っておられます。

 

その為に必要なことは、「ナイキ・オレゴンプロジェクトでのスピードは短距離でいう単発的なものではなく、そのスピードをいかに継続して複数回行えるかということだと思います。」

日本でやっているメニューよりも設定タイムが速くしてトレーニングしている。

このような速いペースを最後まで持続することを可能にするためには何が必要なんでしょうか?

それを可能にするためにはパワーとスタミナが必要だといいます。

現在の長距離種目ではほとんど行われていない本格的な筋力トレーニングを取り入れているそうです。

 

しかもかなりの負荷で行っているようです、これはスピードが上がった時に耐えれる基礎的なパワーを身につけるために行っているそうです。

またスタミナに関してですが、ちょっと面白いトレーニングを行っています。


それが水中でのランニングです、前方からの水圧に体全体に負荷をかけながら長時間一定のペースで走りきるトレーニングです。

このトレーニングの良いところは、故障のリスクを下げてマイレージ(距離)を稼げるところです。

水中でのランニングであれば確かに、怪我のリスクは格段に下がりますね。

このように、怪我のリスクを最小限に抑えながら、速いスピードを維持するために必要なスタミナを補っています。

レッドミルなんかも使用しているようです!!

 

大迫傑選手練習メニューまとめ

大迫傑選手は2015年からナイキ・オレゴンプロジェクトに正式参加している。

大迫傑選手はナイキ・オレゴンプロジェクトでの練習はスピード強化するのに最も良い環境であると考えた。

トレーニングは日本でやっているメニューよりも設定タイムが速い。

スピードを持続させるとためにはパワーとスタミナが必要。

このうようなトレーニングの結果大迫傑選手は3000mと5000mの日本記録を樹立している。

今回は以上になります、最後まで読んでいただきありがとうございます。

マラソン大迫傑選手のシューズや戦績・プロフ・嫁など情報まとめ!

スポンサーリンク