箱根駅伝で度肝を抜いた鬼塚翔太選手の出身中学や高校は!?今後の活躍に期待!!

https://i1.wp.com/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

2017年の箱根駅伝、皆さんご覧になられました!?

 

東海大学の1区にエントリーされた鬼塚翔太選手なんですけど、まだ1年生なんですが、なんと区間2位の好結果!!

しかも相手は東洋大の服部弾馬選手、あの有名な服部勇馬選手の弟なんですね。

鬼塚翔太選手は1秒差の2位、マジで勝てるんじゃないかと思ってしましましたよ、なにせ相手は4年生ですからね。

 

しかし、高校でたての鬼塚翔太選手がココまでやれるとは皆さん思っていなかったんじゃないでしょうか?

今回はそんなスーパールーキーである鬼塚翔太について書いていこうと思います。

鬼塚翔太選手のプロフィール

名前:鬼塚翔太(おにずかしょうた)
生年月日:1997年9月13日
年齢:19歳
血液型:O型
身長:170cm
体重:52kg
出身地:長崎県松浦市
出身中学:松浦市立志佐中学校
出身高校:大牟田高等学校(福岡県)

自己ベスト

5000m :13分43秒61 (2016年)
10000m :28分55秒26 (2016年)
ハーフマラソン :1時間02分03秒 (2016年)

 

こんな感じでまだ大学1年生とは思えない記録ですよね。

19歳ですよ~!

因みに鬼塚翔太選手の出身高校である大牟田高等学校のホームページの運動部には鬼塚翔太選手の写真とともに以下のような紹介文があります。

駅伝部(男子)は、全国優勝5回、準優勝9回、3位2回の実績を持ち、現在29年連続で毎年、師走の京都・都大路で行われる全国高等学校駅伝競走大会に出場をしています。今年度は、30年連続出場という先輩方が築き上げてきた伝統を継承することはもちろんのこと、ここ13年間遠ざかっている『優勝』を目指して、日々精進しているしだいです。個人的にも、夏の全国高校総体では4年連続で入賞しており、今年も各種目での上位入賞や日本代表での世界大会出場などを目標としています。日々の厳しい練習と、規則正しい生活のなかから、人間力を高め、社会に通用する人間形成と、どういう逆境でもくじけない強い精神力を養い、速い選手ではなく強い選手になるべく切磋琢磨しています。今年度のスローガンは『現状打破。限りない可能性を信じて』です。応援よろしくお願いします。

引用:https://www.ohmuta.ac.jp/

こんな感じで厳しく練習に励んだ高校生活だったんでしょうね。

どうやら中学、高校と坊主頭だったようで、大学生になって髪の毛が伸ばせることに喜びを感じているようです。

坊主頭にするのが嫌だから陸上部に入るのをやめようかと真剣に考えたこともあったようです(笑)

続きまして2017年の箱根駅伝の鬼塚翔太選手の結果について見ていきましょう。

スポンサーリンク

2017年箱根駅伝鬼塚翔太選手の結果は!?

区間
順位
区間
記録
選手チーム通過
記録
11:03:56服部 弾馬東洋大学1:03:56
21:03:57鬼塚 翔太東海大学1:03:57
31:03:59武田 凜太郎早稲田大学1:03:59
41:04:00梶谷 瑠哉青山学院大学1:04:00
51:04:01山藤 篤司神奈川大学1:04:01
61:04:04西山 雄介駒澤大学1:04:04
71:04:18竹下 凱帝京大学1:04:18
81:04:18大森 澪中央学院大学1:04:18
91:04:19坂東 悠汰法政大学1:04:19
101:04:22坂本 佳太上武大学1:04:22
111:04:23細森 大輔國學院大學1:04:23
121:04:27前田 将太大東文化大学1:04:27
131:04:33小松 巧弥日本体育大学1:04:33
141:04:43西 智也拓殖大学1:04:43
151:04:44西澤 卓弥順天堂大学1:04:44
161:04:51石川 颯真日本大学1:04:51
171:05:04大山 憲明創価大学1:05:04
181:05:07末次 慶太明治大学1:05:07
191:06:14石井 秀昂国士舘大学1:06:14
201:06:49伊藤 淑記山梨学院大学1:06:49
211:08:01丸山 竜也関東学生連合1:08:01

箱根駅伝往路1区の結果がこれです。

見てください、トップと1秒差です。

これには区間賞の服部弾馬選手もかなり焦ったと思います。

 

箱根駅伝の時の鬼塚翔太選手のコメントがこちらです!!

東海大・鬼塚翔太(1年)「区間3位以内を目指していたので、1区の役割を果たすことができた。でも、最後勝ちたかったです」

引用:http://www.hochi.co.jp/

今回の2017年の箱根駅伝で東海大学は4名の1年生を起用しました。

巷では東海大スーパールーキーズと言われているようですが、実際に結果を残したのは鬼塚翔太選手だけでした。

 

因みに1位の服部弾馬選手のコメントがこちら!!

1位 東洋大・服部弾馬(4年)「区間賞を取れたのはよかったが、うれしさは欠ける。30秒は差をつけたかった。最低限の走り。(ラストで東海大・鬼塚を振り切り)1年生には負けられない。4年生の意地を見せられた」

引用:http://www.hochi.co.jp/

このように1年生からのプレッシャーは区間賞の服部弾馬選手のコメントでも分かるようにかなりのものだったと思います。

 

2017唐津10マイルで優勝!!

最新の鬼塚翔太選手の活躍がこちらです!

しっかり唐津10マイルでも優勝を果たしました!!

地元も近いので気合が入っていたんではないでしょうか!?

という訳で東海大スーパールーキーズの動画でした!!

 

まとめ

鬼塚翔太選手の出身地は長崎県松浦市で、出身中学校は松浦市立志佐中学校で高校は大牟田高等学校。

長崎の中学校から高校は福岡の高校に行っています。

2017年の箱根駅伝では大学1年生ながら区間第2位の活躍。

2017年唐津10マイルでも優勝を果たす。

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください