日本女子競歩の岡田久美子次の日程は?ロンドン世界陸上を目指す!!

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

日本女子競歩界のエース岡田久美子選手、2016年リオデジャネイロオリンピックでは16位と入賞を逃しています。

 

そしてオリンピックの後、次なる陸上の大きな大会と言えば、そうです、ロンドン世界陸上です。

美人アスリートとして有名な岡田久美子選手の次なる目標がロンドン世界陸上での入賞だそうです。

しかし、ロンドン世界陸上に出場するにはまず、選考レースを勝ち抜かなくてはなりません。

そこで今回は岡田久美子選手のロンドン世界陸上に向けての次のレースなどについて書いていこうと思います。

岡田久美子選手のプロフィール

 

出典:http://sutakorasacchan.com/

 

名前:岡田久美子(おかだくみこ)
生年月日:1991年10月17日
年齢:25歳
身長:158cm
体重:48kg
出身地:埼玉県上尾市
出身高校:熊谷女子高校
出身大学:立教大学 社会学部
所属:ビックカメラ
目標:2017年ロンドン世界陸上入賞

自己ベスト

20km競歩:1時間29分40秒(2016)

 

続きまして2016年の成績を見てみましょう。

2016:第7回2016長崎陸協競歩大会 女子10km競歩 優勝
2016:リオデジャネイロ オリンピック2016 女子20km競歩 16位
2016:第58回東日本実業団陸上競技選手権大会 女子5000mW 優勝
2016:第40回全日本競歩能美大会 女子20km競歩 優勝
2016:第99回日本陸上競技選手権大会 女子20km競歩 優勝(自己新記録)

ご覧のように日本での大会ではほぼ敵なしの状況です。

そしてロンドン世界陸上は2017年が開催されるのが8月なので、残り約半年です。

そのロンドン世界陸上の選考会を兼ねた大会が第100回日本陸上競技選手権大会20km競歩なんです。

スポンサーリンク

岡田久美子選手のロンドン世界陸上に向けての意気込み!

ロンドン世界陸上に向けての意気込みは以下の記事を御覧ください。

「美人競歩選手」として知られる岡田久美子(25=ビックカメラ)が18日、神戸市内で日本選手権20キロ競歩の記者会見に臨んだ。

19日に神戸・六甲アイランド甲南大周辺コースで行われる今大会で日本人1位となり、1時間29分15秒の派遣設定記録を切れば8月の世界選手権(ロンドン)内定となる。自己記録1時間29分40秒で、2連覇中の岡田は「ロンドン世界陸上に行きたい」と力強く意気込んだ。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

このようにロンドン世界陸上に向けて強い意気込みがあることが分かります。

リオデジャネイロオリンピックでは悔しい思いをされているので、是非ロンドン世界陸上では頑張って欲しいですね。

 

第100回日本陸上競技選手権大会20km競歩女子エントリー一覧

No氏名所 属自己記録20km
201岡 田 久 美 子ビックカメラ1˚29’40”
202淺 田 千 安 芸DNP西日本1˚30’44”
203五 藤 怜 奈中部学院大1˚31’00”
204渕 瀬 真 寿 美大塚製薬1˚28’03”
205道 口 愛自衛隊体育学校1˚31’51”
206河 添 香 織立命館大1˚34’21”
207松 本 彩 映ゴールド ジム1˚34’47”
208八 木 望東京学芸大1˚36’14”
209溝 口 友 己 歩早稲田大1˚36’43”
210高 山 瑞 佳新潟医療福祉大1˚37’14”
211大 和 千 秋飯田病院1˚37’31”
212園 田 世 玲 奈中京大1˚37’42”
213山 田 千 花広島大1˚42’57”
214八 木 原 楓東海大1˚46’12”
215中 野 恵中部学院大1˚48’08”
216多 比 良 千 穂龍谷大1˚48’40”
217栗 原 悠 帆東海大1˚48’53”
218髙 野 寛 子京都大1˚49’05”
自己記録10km
219吉 住 友 希千葉保健医療大46’57”
220西 村 早 織日本大47’47”
221矢 島 風 香長野東高48’15″05
222小 澤 さ き は金沢大48’33″40
223杉 山 智 香同志社大49’13″11
224萩 原 采 以 子東京学芸大49’22″58
225倉 原 菜 摘熊本大49’40″06
226末 永 貴 瑛九州共立大49’50″89
227藤 田 喜 子松山大50’39”
228大 野 未 夢平成国際大50’49″95

意外とみんな速いですね。

 

第100回日本陸上競技選手権大会20km競歩結果!!

結果は1時間29分40秒(自己ベスト)で優勝!!!

派遣設定記録には届かなかったものの、見事優勝です。

これでロンドン世界陸上の最有力候補となったのは間違いありません。

 

まとめ

2月19日に行われた第100回日本陸上競技選手権大会20km競歩で優勝!

タイムは1時間29分40秒(自己ベスト)であったので、派遣設定記録はクリア出来なかった。

おそらくロンドン世界陸上の有力な候補!

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

関連記事はこちら→日本女子競歩のエース岡田久美子(ビックカメラ)が可愛い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください