ニューイヤー駅伝2018優勝予想と結果・速報!注目選手をチェック!

出典:https://www.yamazakipan.co.jp/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)が2018年元日(日)に開催されます!

今回は、ニューイヤー駅伝2018の優勝予想と結果・速報、注目選手についてチェックしていきたいと思います!

第62ニューイヤー駅伝2018の日程は!

・日程:2018年1月1日(日)9時15分スタート
・スタート地点:群馬県庁
・ゴール地点

第62ニューイヤー駅伝2018のテレビ放送は?!

・2018年1月1日(日)朝8時30分~14時30分
・TBS系列28局で生中継
・スタート時間は9時15分

第62ニューイヤー駅伝2018の出場チーム一覧!

東日本(13)

・Honda:34年連続(35)
・富士通:28年連続(28)
・DeNA:5年連続(5)
・日立物流:6年連続(6)
・コニカミノルタ:33年連続(43)
・日清食品グループ:23年連続(23)
・八千代工業:8年連続(13)
・カネボウ:3年連続(55)
・ヤクルト:5年連続(38)
・SUBARU:18年連続(18)
・プレス工業:9年連続(9)
・警視庁:2年ぶり(4)
・サンベルクス:2年ぶり(2)

 

中部(7)

・トヨタ自動車:29年連続(39)
・愛三工業:17年連続(17)
・トヨタ紡織:21年連続(21)
・トーエネック:6年連続(8)
・NTN:13年連続(54)
・中央発條:4年連続(35)
・愛知製鋼:13年連続(34)

 

北陸(2)

・YKK:26年連続(28)
・セキノ興産:2年連続(3)

 

関西

・SGHグループ:23年連続(24)
・住友電工:2年ぶり(4)
・NTT西日本:10年連続(53)
・大塚製薬:7年連続(24)

 

中国

・マツダ:16年連続(53)
・中国電力:26年連続(26)
・中電工:22年連続(22)

 

九州

・MHPS:9年連続(22)
・旭化成:32年連続(55)
・九電工:43年連続(49)
・安川電機:28年連続(40)
・トヨタ自動車九州:9年連続(16)
・黒崎播磨:7年連続(30)
・西鉄:3年連続(15)
・ひらまつ病院:初出場

各チームのエントリーが発表されました!

ひらまつ病院の情報はこちらです!!

第61ニューイヤー駅伝2017の結果は?!

・1位:4:49:55 旭化成
・2位:4:51:02 トヨタ自動車
・3位:4:52:18 トヨタ自動車九州
・4位:4:52:23 MHPS
・5位:4:52:26 コニカミノルタ
・6位:4:52:50 富士通
・7位:4:53:27 DeNA
・8位:4:53:52 日清食品グループ
・9位:4:53:57 中国電力
・10位:4:54:26 日立物流

スポンサーリンク

第62回ニューイヤー駅伝2018の優勝予想!!

ニューイヤー駅伝2018の優勝に関してですが、かなりの混戦が予想されます。

その中でも、個人的には以下の4チームが優勝候補と考えています!

・MHPS
・旭化成
・Honda
・トヨタ自動車

この4チームの中から優勝チームが誕生すると予想しています!

そんな中で私は、ホンダとMHPSの優勝を大胆にも予想しています!!

九州実業団毎日駅伝で、旭化成に競り勝った実力は伊達では無いと思っています!!

基本的には、旭化成を優勝候補に推す方が多いと思うのですが・・・・。

では、それぞれのチームを見ていきましょう!

 

MHPS

・井上大仁: 28分12秒96(県記録)
・エノック・オムワンバ :28分00秒33
・目良隼人:29分16秒04
・的野遼大:29分04秒41
・木滑良:28分18秒52
・松村康平:28分27秒04
・定方俊樹:28分47秒17

 

旭化成

・市田孝:27分53秒59
・K・アブラハム・キャプシス:27分40秒
・有村優樹:28分35秒61
・本田匠:28分45秒98
・大六野秀畝:27分46秒55
・深津卓也:27分56秒29
・吉村大輝:28分42秒67

 

ホンダ

・田口雅也:28分37秒37
・山中秀仁:28分26秒03
・ウィリアムマレル:26分54秒66
・木村慎:28分37秒33
・荒井七海:29分26秒43
・上野渉:28分38秒33
・松村優樹:28分42秒52

ホンダはエースの設楽悠太選手抜きで予選会をトップで勝ち上がっています!

ちなみに、設楽悠太選手の10000mのタイムは27分41秒97!!!

 

トヨタ自動車

・藤本拓:28分20秒96
・ニコライス・コシンベイ:27分02秒59
・宮脇千博:27分41秒57
・大石港与:27分48秒56
・早川翼:28秒06分10
・西山雄介:28分35秒05
・山本修平:28分14秒49

上記は、予選会の時の区間オーダーです!

また、実業団チームの氏名の横の記録は、10000mのタイムです!!

上記のメンバーで7人の合計タイムを比較してみます!

・MHPS:200分
・旭化成:198分
・ホンダ:199分
・トヨタ自動車:195分

10000mのタイムだけ見ると、トヨタ自動車の圧勝です!!

その次が旭化成、ホンダ、MHPSと続きます。

持ちタイムでは格下のMHPSが、九州大会では、昨年の覇者、旭化成を破って優勝しています!

ニューイヤー駅伝のエース区間は4区で、外人枠は2区となります。

ですので、予選会のオーダーとは若干異なる編成となると思います。

では、優勝チームはどこなのか?!

個人的な展望を述べると、ホンダとMHPSを優勝候補として考えています!

まずは、ホンダですが、設楽悠太選手無しで予選会をトップで通過している点。

MHPSは昨年の覇者、旭化成に勝利して予選会トップで通過している点。

この2チームに勢いを感じます。

ニューイヤー駅伝2018年の注目選手は誰!?!

ニューイヤー駅伝2018はかなり面白いレースになりそうです!

2017年12月に開催される福岡国際マラソンに参加される選手もいますので、ニューイヤー駅伝のエントリーがどの様になるのかは、現時点では分かりませんが、東京オリンピックを睨んだ、いいレースになることは間違いないでしょう!

そんな中での注目選手は以下の選手です!!

・設楽悠太(Honda)

出典:http://number.bunshun.jp/

設楽悠太選手は2017年にハーフマラソンで日本新記録を更新し、その後のベルリンマラソンでも好成績を収めました!

 

・井上大仁(MHPS)

出典:https://twitter.com/

井上大仁選手は、2017年の東京マラソンで日本人1位の記録を叩き出し、ロンドン世界陸上に参加されています!

ちなみに私事ですが先日、井上大仁選手にお会いすることが出来ました。

メチャクチャフレンドリーで感じが抜群に良い好青年でした!!

ニューイヤー駅伝頑張ってくださいね!!と声掛けしたところ。

「優勝目指して頑張ります!」

とのことでした。

 

・神野大地(コニカミノルタ)

出典:http://rock-and-history.blog.jp/

神野大地選手といえば、青山学院大学の山の神としても有名ですが、2017年の12月に初マラソンで、福岡国際マラソンを走ります!

 

・今井正人(トヨタ自動車九州)

出典:http://skippbeat.hatenablog.com/

今井正人選手ですが、元祖箱年駅伝での山の神として知られています!

上記の選手が注目選手になります!!

ニューイヤー駅伝2018結果・速報!

こちらは、当日更新していきます!

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です