全日本大学女子駅伝2017出場校一覧!!コースと結果・速報をチェック!

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

大学女子駅伝の日本一を決める全日本大学女子駅伝2017の出場校が決定しました。

昨年は、立命館大学の6連覇のユメを松山大学が阻みました!

 

男子と違って、かわいい大学生の女子が一生懸命になる姿も良いもんです。

のんきに、かわいい大学生とか言っていますが、大学女子の日本一を決める大会ですから、参加してる選手の方は必死です。

また、全日本大学女子駅伝2017で上位12チームが全日本大学女子選抜駅伝競走大会(富士山女子駅伝)に参加する権利が与えられる大会でもあります。

というわけで今回は、全日本大学女子駅伝2017の出場校一覧と結果・速報、コースや日程、テレビ放送についてチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

第35回全日本大学女子駅伝2017(杜の都全日本大学女子駅伝)日程をチェック!

・日程:2017年10月29日(日)
・テレビ放送:日テレ系列 昼12時から生中継
・解説: 高橋 尚子
・1号車解説 :赤羽 有紀子

 

第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会2017のコースをチェック!

出典:http://www.morino-miyako.com/

◆スタート:弘進ゴムアスリートパーク仙台 ~
◆フィニッシュ:仙台市役所前市民広場
◆1区(6.4km)第1中継所 仙台育英学園(総合運動場側)
◆2区(5.6km)第2中継所 仙台育英学園(総合運動場側)
◆3区(6.8km)第3中継所 仙台市太白区役所前
◆4区(4.8km)第4中継所 五橋中学校前
◆5区(9.2km)第5中継所 ネッツトヨタ仙台黒松店前
◆6区(5.2km)仙台市役所前市民広場

1区:6.4km
1区は陸上競技場からスタートする6.4km。

比較的平坦ではあるが、レース全体の流れを左右するため、重要な区間である。

2区:5.6km
2区は陸上競技場を除いた1区と同じコースを走る5.6km。

例年目まぐるしく順位変動が見られる区間。全6区間中、最も「ごぼう抜き」が起こりやすい区間で見どころの一つの区間です。

3区:6.8km
3区は陸上競技場前から仙台駅前方面へ向かい、市の中心部を走る6.8km。

4区:4.8km
4区は緩やかなアップダウンが続く最も距離が短い区間の4.8km。

各校スピードランナーを配置する区間。

5区:9.2km
基本的にエース区間で最長の9.2km。

各校のエースによる逆転も十分可能な区間。

6区:5.2km
昨年はリオ五輪代表・高見澤安珠(松山大)が区間新を樹立した最終区間の6区、5.2km。

この区間で優勝が決まります。

続いては、出場校一覧です!

スポンサーリンク

 

第35回全日本大学女子駅伝2017の出場校一覧!

◆シード校◆
1・松山大学 10年連続10回目
2・ 立命館大学 28年連続28回目
3・名城大学 19年連続19回目
4・京都産業大学 24年連続24回目
5・ 大東文化大学 7年連続7回目
6・大阪学院大学 9年連続24回目
7・日本体育大学 6年連続29回目
8・東洋大学 5年連続5回目

◆各地区出場校◆
9・ 北海道 札幌国際大学 初出場
10・ 東北 東北福祉大学 11年連続15回目
11・ 関東 東京農業大学 5年連続25回目
12・ 城西大学 23年連続24回目
13・ 順天堂大学 3年連続25回目
14・ 白?大学 4年連続22回目
15・玉川大学 3年ぶり17回目
16・ 中央大学 2年連続27回目
17・ 北信越 新潟医療福祉大学 6年連続6回目
18・ 東海 中京大学 10年連続33回目
19・関西 関西大学 10年連続10回目
20・大阪芸術大学 2年連続5回目
21・関西外国語大学 4年連続4回目
22・中国四国 東亜大学 3年ぶり11回目
23・九州 福岡大学 8年連続29回目
24・活水女子大学 2年連続2回目
25・鹿屋体育大学 10年連続14回目
オープン
26・東北学連選抜チーム(※) オープン参加
(※)山形大、福島大、東北大、石巻専修大から8名で構成

 

第34回杜の都全日本大学女子駅伝大会結果!

1位:2:03:56 松山大
2位:2:05:07 立命館大
3位:2:05:38 名城大
4位:2:06:07 京都産業大
5位:2:06:12 大東文化大
6位:2:06:18大阪学院大
7位:2:06:50日本体育大
8位:2:07:34 東洋大

昨年は立命館が敗れるという波乱がありましたが、今年はどうでしょうね?!

 

松山大学連覇へ向けての動画!!

この動画は勿論、松山大学は、今年もかなり強いイメージがありますね!

出典:http://www.hochi.co.jp/

連覇へ向けての記事がありますので御覧ください!

 チームのエースはやはり、リオ五輪も経験した高見沢安だが、決して大黒柱だけに頼るチームではない。主将と同じ4年生で、大学3年間ケガに泣かされてきた上杉円香は「昨年の仙台では、あまり喜べなかった。すごいね、とか言われるが、すごいのは走った6人だと思った。今年は最後、4年生として何かできるものはないか、という思いでやっている」。後輩選手のケアなど高見沢主将をサポートしつつ、練習では積極的に先頭を引っ張り、ラストイヤーにかけている。

 昨年初Vを経験している3年生コンビもカギを握る。2区で11人抜きした緒方美咲と、3区で快走した5000メートルがチーム最速15分46秒09の古谷奏だ。緒方は「昨年は好調にハマッただけ。今年は調整して仙台にピークをもっていく。流れを変えたりつくったりする走りをしたい」と2年連続の爆走を予感させる。

 1年生の藤原瑠奈も直前の記録会で3000メートル自己ベストを9分26秒と更新するなど好調でメンバー入り濃厚。Vメンバーと新戦力が融合し、連覇へと駆け抜ける。
引用:http://www.hochi.co.jp/

上記の記事のように、松山大学の状態はかなりいい状態の模様です!

全日本大学女子駅伝2017の結果・速報!!

いよいよ始まります!

  1. 2:05:15  名城大
  2. 2:05:50  大東文化大
  3. 2:06:46  立命館大
  4. 2:07:00  大阪学院大
  5. 2:07:04  関西大
  6. 2:07:56  東京農業大
  7. 2:08:12  日本体育大
  8. 2:08:46  城西大
  9. 2:09:10  東洋大
  10. 2:09:22  京都産業大
  11. 2:09:38  福岡大
  12. 2:09:58  順天堂大
  13. 2:10:12  松山大
  14. 2:10:29  大阪芸術大
  15. 2:10:51  白大
  16. 2:10:56  東北福祉大
  17. 2:11:12  関西外国語大
  18. 2:12:17  中京大
  19. 2:12:38  中央大
  20. 2:12:57  玉川大
  21. 2:14:50  鹿屋体育大
  22. 2:15:49  [OP] 東北学連選抜
  23. 2:17:16  活水女子大
  24. 2:18:29  札幌国際大
  25. 2:18:53  東亜大
  26. 2:20:59  新潟医療福祉大

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です