夏場のジョギング!熱中症に注意!!炎天下は危険です!

こんにちは!タケボーヤです。

毎日暑いですが、ジョギングは頑張って継続しています。連日30度を超え、走るのがしんどい時期ですよね。夏場のジョギングは沢山汗をかくし、いつも以上に疲れます。

だけどスタミナキープの為に夏場でも走りたい。

それがランナー心理ですよね。

今回は夏場のジョギングの注意点や、服装について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

夏場のジョギングの特徴

夏場のジョギングの特徴は体温上昇と心拍数の増加です。

ですので夏場のトレーニングのポイントは、体温を上げない工夫が必要になってきます。

体温上昇は熱中症の原因にもなる為注意が必要です。

 

夏場のジョギングのポイント

1・時間帯を選ぶ

真夏の炎天下でのジョギングは危険です。

少しでも気温の低くなる時間帯を選びましょう。(早朝、夕方、夜間)

 

2.コース、場所を選ぶ

日陰が多い(木陰)を選びましょう。

 

3・通気性の良い服装で走る

直射日光を避けるためにキャップは必須です。

これがあるだけで、疲れ方が全く違ってきます。

その他にも、Tシャツタイプが良いのか、ノースリーブが良いのかは、個人差があると思っていますが、やはり暑さ対策として考えるのなら、ノースリーブが良いでしょう。

日焼け対策もお忘れなく。

 

4・水分補給

ジョギング前後の体重現象を2%以内に抑えましょう。

私の場合で考えれば56キロの体重で2%なら、1.1キロ程度の体重減少に抑えるようにしなければいけません。

2%以上の体重減少は危険です。

こまめな水分補給を行い、脱水や、熱中症にならないように十分な注意が必要です。

 

5・ペースを考える

真夏のジョギングは心拍数が上がります。

主観的にも真夏のジョギングはきつく感じます。

なので、ここは意識的に1キロ当たりのペースを落として走ることをオススメします。

 

私の場合は30秒以上落としています。

出来れば心拍数を計測して、自分にあったペースで走ると良いでしょう。

 

5・時間短縮を考える

夏場のジョギングは、個人的にもかなり身体的負担があると思います。

体感的にも、夏は走れないと感じます。

現在私は、30分以上の運動をするように心がけています。

 

しかしながら、夏場は暑くて、十分なジョギングが出来ません。

ですが、状況に応じて、時間短縮などしながら、継続的に走れる状況を作る事が大切です。

 

まとめ

夏場のトレーニングは大変です。

しかし、夏場にしっかり走りこむことも非常に重要です。

走りたい気持ちを抑えて、時間短縮、コースの検討などして、夏仕様のトレーニングメニューを作成する事が必要だと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です