出雲駅伝2017優勝予想と結果速報!日程やコース・出場校と中継もチェック!

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

三大駅伝の一つである、出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)が2017年10月9日に開催されます。

 

出雲駅伝の後は、全日本大学駅伝、箱根駅伝と続いていきます!

そこで今回は、出雲駅伝の優勝予想、日程やコース、中継、結果と速報についてお届けしていきたいと思います。

今年の大学駅伝は青山学院大学と東海大学の2強と言われていますね!

早速いってみましょう!!

スポンサーリンク

 

第29回出雲駅伝の日程と中継・コースについて

開催日程

【第29回】出雲駅伝(出雲全日本大学選抜駅伝競走)2017

【日程】2017年10月9日(月・祝)13:05スタート

【コース】6区間 45.1km|出雲大社正面鳥居前(勢溜)~出雲ドーム前

・1区(8.0km):出雲大社正面鳥居前~出雲市役所・JAしまね前
・2区(5.8km):出雲市役所・JAしまね前~斐川直江
・3区(8.5km):斐川直江~平田中ノ島
・4区(6.2km):平田中ノ島~鳶巣コミュニティセンター前
・5区(6.4km):鳶巣コミュニティセンター前~島根ワイナリー前
・6区(10.2km):島根ワイナリー前~出雲ドーム前

テレビ放送・中継

「フジテレビ系」で13:00からテレビ放送(全国生中継)される予定です。
【フジテレビ】2017年10月9日(月・祝)13:00~15:25(Live)


出典:http://www.izumo-ekiden.jp/

 

第29回出雲駅伝2017の出場校

関東地区代表

・青山学院大学(関東・8回目)
・東洋大学(関東・18回目)
・早稲田大学(関東・25回目)
・順天堂大学(関東・22回目
・神奈川大学(関東・12回目)
・中央学院大学(関東・8回目)
・日本体育大学(関東・19回目)
・法政大学(関東・12回目)
・駒澤大学(関東・25回目)
・東海大学(関東・19回目)

東海地区代表

・岐阜経済大学(東海・初)

関西地区代表

・関西学院大学(関西・6回目)
・立命館大学(関西・15回目)

中国四国地区代表

・広島経済大学(中国四国・16回目)

九州地区代表

・第一工業大学(九州・22回目)
・日本文理大学(九州・12回目)

国外チーム

・アイビーリーグ選抜(20回目)

ちょっとココでアイビーリーグについて説明します。

アイビーリーグとはアメリカの名門私立大学の有力選手を集めたチーム。

三大駅伝の中で、国外チームが参加するのは出雲駅伝のみです。

では2016年の出雲駅伝の結果はどうだったんでしょうか?!

 

出雲駅伝2016年の結果!

総合結果

1位 青山学院大 2:10:09
2位 山梨学院大 2:10:40
3位 東海大学  2:11:13
4位 中央学院大 2:12:08
5位 駒澤大学  2:12:20
6位 日本体育大 2:12:42
7位 順天堂大学 2:13:07
8位 早稲田大学 2:14:20
9位 東洋大学  2:14:25
10位 帝京大学  2:15:52

昨年の覇者は青山学院大学でした。

では、出雲駅伝2017の優勝はどこなんでしょうか?

ちょっと予想してみました!!

スポンサーリンク

 

出雲駅伝2017優勝予想!?

基本的に優勝候補は2校です!

その2校とは、青山学院大学と東海大学です!

はっきりいって、この2校が完全に頭一つ抜けています。

というわけで、青山学院大学と東海大学の戦力を比較してみます。

 

青山学院大学と東海大学の戦力比較

青山学院大学(前回優勝)
1区(8.00㎞)鈴木塁人 5位 23分33秒
2区(5.80㎞)田村和希 1位 16分24秒
3区(8.50㎞)下田裕太 4位 25分16秒
4区(6.20㎞)茂木亮太 2位 17分39秒卒業
5区(6.40㎞)安藤悠哉 1位 17分43秒卒業
6区(10.2㎞)一色恭志 2位 29分34秒卒業

青山学院大学の昨年のメンバーは3名卒業しています!

青山学院大学の登録メンバーはこちらです!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

◆4年 吉永竜聖、下田裕太、田村和希
◆3年 小野田勇次、森田歩希、梶谷瑠哉、橋詰大慧
◆2年 竹石尚人
◆1年 神林勇太、吉田圭太

こちらのメンバーが23日に発表されました!

一方の東海大学は・・・?

東海大学(前回3位)
1区(8.00㎞)鬼塚翔太 2位 23分26秒
2区(5.80㎞)舘澤享次 2位 16分34秒
3区(8.50㎞)關颯人 1位 24分50秒
4区(6.20㎞)川端千都 6位 17分51秒
5区(6.40㎞)三上嵩斗 2位 17分56秒
6区(10.2㎞)湊谷春紀 5位 29分34秒

今回の出雲駅伝登録メンバーがこちら!

◆4年 川端千都、国行麗生
◆3年 三上嵩斗
◆2年 關颯人、鬼塚翔太、館沢亨次、阪口竜平、松尾淳之介、郡司陽大
◆1年 塩沢稀夕

湊谷春紀選手が抜けていますが、戦力的には東海大ルーキーズと呼ばれた2年生が中心となって戦力は昨年よりもアップしているものと思われます。

なんと2年生から登録選手が6名!!

 

青山学院大学と東海大学の予想オーダー!

青山学院大学予想オーダー

1区:鈴木塁人
2区:小野田勇次
3区:森田歩希
4区:橋詰大慧
5区:中村祐紀
6区:下田裕太

正式に登録メンバーが発表されました。

予想オーダーの変更が必要ですね。

予想オーダー変更!

1区:橋詰大慧
2区:小野田勇次
3区:田村和希
4区:森田歩希
5区:神林勇太
6区:下田裕太

青山学院大学正式のオーダー

1区:梶谷瑠哉
2区:田村和希
3区:下田裕太
4区:小野田勇次
5区:神林勇太
6区:橋詰大慧

青山学院大学の調整については以下の記事を御覧ください!

 前回の箱根駅伝で史上初めて大会3連覇と年度3冠を同時達成。つまり、今季の学生3大駅伝はすべてディフェンディングチャンピオンとして迎える。副将の下田裕太(4年)はエースの責任感を持ち「出雲駅伝(10月9日)と全日本大学駅伝(11月5日)はアンカーを走るつもり。そのための練習は出来ています」と、昨季は絶対的エースの一色恭志(現GMOアスリーツ)が務めた両駅伝の最終最長区間に名乗りを上げた。V4がかかる箱根駅伝では「1区、2区、4区、5区、8区、どこでもやる。チームのために区間賞を取るつもりです」と力強く話す。

数少ない故障者の1人が主力の田村和希(4年)。合宿に帯同しているが、左すね痛のため別メニュー。それでも意欲は高い。「2年前、神野さん(大地、現コニカミノルタ)は故障で夏合宿では走れなかったが、積極的に体幹トレーニングに取り組み、箱根駅伝で結果を残した(5区2位)。そういう姿を目の前で見てきた。出雲の出場は厳しいけど、全日本、箱根ではチームに貢献する走りをします」と前向きに話した。

主将の吉永竜聖(4年)は強い覚悟を明かす。「箱根駅伝を勝ってきた最近3年のチームに比べると、今季のチームは弱い。それを分かっているから、全員が危機感を持って夏合宿に取り組んでいます」。弱いことを認めることができる青学大は、やはり強い。
参考元:ヤフーニュース
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000210-sph-spo

この記事のようにアンカーは下田裕太選手で間違いないと思われます。

 

東海大学予想オーダー

1区:鬼塚翔太
2区:舘澤享次
3区:關颯人
4区:川端千都
5区:三上嵩斗
6区:松尾淳之介

東海大学正式オーダー

1区:阪口竜平
2区:館沢亨次
3区:松尾淳之介
4区:鬼塚翔太
5区:三上嵩斗
6区:関颯人

東海大黄金世代については以下の記事を御覧ください!

 学生3大駅伝の開幕戦、出雲駅伝(10月9日、島根・出雲市=6区間45・1キロ)の選手登録(10人)が19日、行われ、昨季の3冠王者・青学大への挑戦が注目される東海大は関颯人、鬼塚翔太、館沢亨次ら“黄金世代”と呼ばれる2年生が6人メンバー入りした。10年ぶり4度目の出雲路制覇に向けて、両角速監督(51)は「夏合宿の練習内容や日本学生対校選手権(15~17日)の結果を考慮して6区間中4人は起用が固まっています」と順調な仕上がりを示唆した。スピードを持ち味とする東海大は1区間平均約7・5キロの「短距離決戦」を制し、全日本大学駅伝(11月5日)、箱根駅伝(来年1月2、3日)へ弾みをつけたいところだ。
参考元:ヤフーニュース
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000154-sph-spo

昨年もルーキーズの活躍もあって、3位でしたからね!!

今年は更に強くなっているはずです!

 

出雲駅伝2017優勝予想まとめ

結論を述べるとすると、東海大学が優勝すると予想!!

理由としては2つ
・青山学院大学は卒業生が抜けたことによる戦力ダウン
・東海大学は昨年の1年生(東海大学スーパールーキーズ)の更なる飛躍

出雲駅伝2017結果・速報!!

1区は東海大学が先頭!!

2区も東海大学!

青山学院大学とは約18秒差!

青山学院大学の田村和希選手が素晴らしい走りで、区間賞!

3区で青山学院大学の下田裕太選手がトップ!

東海大学は3位!

東海大学の鬼塚翔太選手が素晴らしい走りでトップで4区を制す!

5区もぶっちぎりで東海大学!

東海大学、ぶっちぎりで優勝!!!!

 

チーム総合結果

1位:2:11:59 東海大
2位:2:13:32 青山学院大
3位:2:14:39 日本体育大
4位:2:15:00 順天堂大
5位:2:15:36 東洋大
6位:2:15:45 神奈川大
7位:2:16:12 駒澤大
8位:2:16:14 中央学院大
9位:2:16:24 早稲田大
10位:2:19:02 アイビーリーグ
11位2:19:15 関西学院大
12位:2:20:20 北海道学連
13位:2:21:45 立命館大
14位:2:22:10 広島経済大
15位:2:22:11 第一工業大
16位:2:23:09 日本文理大
17位:2:24:11 東北学連
18位:2:27:13 北信越学連
19位:2:28:59 環太平洋大

区間賞

1区:阪口 竜平(2)【東海大】23:16
2区:田村 和希(4)【青山学院大】15:47
3区:塩尻 和也(3)【順天堂大】24:17
4区:鬼塚 翔太(2)【東海大】18:12
5区:三上 嵩斗(3)【東海大】19:15
6区:關 颯人(2)【東海大】29:58

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です