今井正人選手に大注目!!東京マラソン2017!頑張れ元祖山の神!!

https://twitter.com/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

駅伝ファンで彼のことを知らない人はいないと思います。

 

そう箱根駅伝元祖山の神である今井正人選手です。

箱根駅伝の5区では3年間で抜いたランナーはなんと20人!!

そんな今井正人選手ですが、実業団入りしてからは学生時代のような活躍が出来ていません。

 

昨年の東京マラソン2016にも参加していましたが、2時間12分18秒で13位に終わっています。

でも東京マラソン2015では2時間7分39秒と日本歴代6位のタイムで7位となっています。

そんな今井正人選手に是非頑張って欲しい、そんな気持ちで今回記事を書いていきたいと思います。

今井正人選手のプロフィール

名前:今井正人
生年月日:1984年4月2日
年齢: 32歳
身長:169cm
体重:55kg
出身地:福島県南相馬市
出身高校:福島県立立原町高等学校
出身大学:順天堂大学
所属:トヨタ自動車九州
自己ベスト:2時間7分39秒(東京マラソン2015)

 

日本男子マラソン歴代トップ10

1.高岡寿成(カネボウ)2:06:16
2.藤田敦史(富士通)2:06:51
3.犬伏孝行(大塚製薬)2:06:57
4.佐藤敦之(中国電力)2:07:13
5.児玉泰介(旭化成)2:07:35
6.今井正人(トヨタ自動車九州)2:07:39
7.谷口浩美(旭化成)2:07:40
8.藤原新(東京陸協)2:07:48
9.油谷繁(中国電力)2:07:52
9.国近友昭(エスビー食品)2:07:52

このように日本歴代6位の記録を保持しているんです。

なので是非東京マラソン2017では自己ベストを更新してほしいんですよね~!

スポンサーリンク

今井正人選手マラソン全成績

レース日大会順位記録
2008年8月31日北海道マラソン10位2時間18分01秒
2010年12月5日福岡国際マラソン5位2時間13分23秒
2011年3月6日びわ湖毎日マラソン6位2時間10分41秒
2011年12月4日福岡国際マラソン4位2時間10分32秒
2012年3月4日びわ湖毎日マラソン42位2時間17分50秒
2013年2月24日東京マラソン201311位2時間10分29秒
2013年11月3日ニューヨークシティマラソン6位2時間10分45秒
2014年2月2日別府大分毎日マラソン2位2時間09分30秒
2014年11月2日ニューヨークシティマラソン7位2時間14分36秒
2015年2月22日東京マラソン20157位2時間07分39秒
2015年8月22日世界陸上北京大会DNS記録無し
2016年2月28日東京マラソン201613位2時間12分18秒

 

初マラソンからどんどん成績が伸びていっています。

特に2015年のタイムが素晴らしいですね。

しかし、世界陸上北京大会男子マラソンの本番1ヶ月前に北海道の合宿中に頭痛と発熱などの体調不良を訴え緊急入院する。

髄膜炎の診断を受け、2週間の入院治療が必要とされ、世界陸上男子マラソンを泣く泣く欠場してしまいました。

その後回復して迎えた東京マラソン2016、リオデジャネイロ五輪の男子マラソン選考レースでもあったのですが、結局13位となり、リオデジャネイロ五輪への出場はなりませんでした。

関連記事はこちら→東京マラソン2017芸能人は誰が走るの?過去の参加者と優勝賞金はいくら?

スポンサーリンク

箱根駅伝元祖山の神

出典:http://sharetube.jp/

箱根駅伝で最初に山の神と言われたのが、順天堂大学の今井正人選手なんです。

箱根駅伝おける山の神は今井正人選手を含めて3名いるんです。

今井正人選手の他には東洋大学の柏原竜二選手、青山学院大学の神野大地選手です。

 

この3名の山の神の元祖が今井正人選手なわけです。

今井正人選手は2004年から2007年まで箱根駅伝には4回出場し大学在学中すべての箱根駅伝に出場しています。

特にすごかったのが2年生の頃から走るようになった5区での走りです。

 

2年生の時に、往路5区で史上最多となる11人抜きを達成し、区間新の記録を残しています。その後、第5区の区間距離が変更となったため、この記録を破る選手はいなくなっています。

3年生の時には、第6位でタスキを受け5人抜き。順天堂大学は往路を優勝しています。

4年生の時も第5区で出場。第5位でタスキを受け継いだものの、先行する選手を次々と抜き去り16km地点でトップに、そのままゴール。

なぜ山の神と言われるようになったかと言いますと、2005年の11人抜きの偉業の際に、実況アナウンサーから「今、山の神、ここに降臨!その名は今井正人!」などと言われたことに由来します。

今井正人選手まとめ

学生時代には数々の伝説を残し、山の神とまで言われた今井正人選手。

実業団入りしてからは学生時代ほどの満足行く記録が残せていない。

とは言うものの、マラソンの記録は、日本男子歴代6位の記録を保持している。

そんな今井正人選手、今年の東京マラソン2017の招待選手となっています。

是非今までの練習の成果を発揮して欲しいものです。

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

関連記事はこちら→服部勇馬!!新コースで雪辱なるか!?東京マラソン2017招待選手で参加!!

関連記事はこちら→藤原新選手が東京マラソン2017に招待選手として出場予定!!目指せ2時間7分台!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください