原晋監督の年収が凄いらしい!?講演会も引っ張りだこって本当!?

出典:http://mikarin1215.com/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

今年の箱根駅伝も青山学院大学が優勝しましたね。

 

最近では駅伝といえば青山学院大学というくらいのイメージになっている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか!?

しかし、以前の青山学院大学はそんなに駅伝が強い大学ではありませんでした。

いつから、なぜここまで強くなれたのかは、やはり指導者の力がかなり関係しているんでは無いでしょうか!?

 

青山学院大学の指導者は皆さんご存知の原普監督です。

最近ではよくテレビに出てみたり、講演会等の活動もされ、本等もかなり出版されていますよね。

そんな原普監督の現在の年収なんか気になりませんか~!?

今回は青山学院大学の原普監督の年収について調べてみましたので御覧ください。

スポンサーリンク

 

原普監督のプロフィール

出典:http://image.news.livedoor.com/

名前  : 原晋(はらすすむ)
生年月日:1967年3月8日
年齢  :49歳
身長  :176㎝
体重  :81kg
職業  :元陸上競技・マラソン選手、指導者
所属  :青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督
出身地 :広島県三原市
出身高校:広島県立世羅高等学校
出身大学:中京大学

青山学院大学が2015年の箱根駅伝で初優勝し大フィーバーとなりました。

原普監督は巧みな会話術でテレビ出演や講演会などで引っ張りだことなり、本も数多く出版されました。

このような状況に「タレント気取り」などとバッシングを受けますが、「すべては明るさから始まる」と非常にポジティブで「出過ぎた杭は打たれない」の信条で誹謗中傷にもめげていません。

そんな原普監督は、過去に挫折した悔しさをバネにして、どん底から這い上がったようです。

 

原普監督の学生時代や経歴

原普監督は子供のころからズポーツ万能で、小学生の頃はソフトボールで4番でピッチャー、相撲では主将だったそうです。

相撲てイメージは全く湧きませんけどね(笑)!

世羅高校では3年生の時に主将として全国高校駅伝に出場して準優勝しています。

 

その後中京大学に進学するのですが、残念なことに箱根駅伝には縁がありませんでした。

というより名古屋の大学なので当然のごとく箱根駅伝には出場出来ませんよね。

このような経験が最近箱根駅伝を全国大会にしてしまおうというような発言に繋がっているのかもしれませんね。

中京大学卒業後の1989年、地元の中国電力に陸上競技部創設とともに鳴り物入りで入社しましたが1995年、27歳の時にケガが原因で選手を引退することになりました。

 

引退後の原普監督は、同期は本社【広島市)で活躍する中、支店よりも下の山口の営業所に配属されるという屈辱を味わっています。

それでも原監督は苦境に対して、「ここから這い上がってみせる!」と奮起します。

その結果、省エネ空調機「エコアイス」を売りまくり、数年間で社内トップセールスとなります。

このように昔からかなりメンタルが強いように感じられますね。

最近も「タレント気取り」など色々バッシングされていますが、全く動じない様な感じも頷けますよね(笑)!!

 

スポンサーリンク

営業マンから青山学院大学の監督へ!!

営業マンとしてバリバリ働き、それなりの実績を積み、広島にマイホームを建てたばかりの36歳の時。

世羅高校時代の後輩から、青学陸上部監督の話を持ちかけられます(2003年)。

当時は広島に家を建てたばかりでもあり、安定したサラリーマン生活を捨てるかどうかとても悩んだそうです。

 

そりゃ~悩みますよね、ですが原普監督は陸上選手として成功できなかったことに対する心残りなところがあったんでは無いでしょうか!?

色々と悩んだ結果、2004年に青山学院大学監督に就任しました。

ところが2004年当時の青山学院大学は弱小チームであり、箱根駅伝に関しても1976年の出場して以来予選会突破すら出来ない状況でした。

 

また部員の意識レベルも低く、練習を休むのは当たり前で茶髪で、遅刻は日常茶飯事でした。

このような状況では有力選手を集めるのも大変だったそうで、スカウトにはかなり苦労されたということです。

レベルの低い大学に学生も行きたくは無いですもんね!

ところがそんな原普監督に転機が訪れます。

それは2008年の箱根駅伝で関東学連選抜の監督としてチームを率いたのですが。

なんと・・・、総合4位という好成績を収めることに成功します。

この翌年の2009年には33年ぶりに青山学院大学を箱根駅伝に導きます。

 

更に2010年には箱根駅伝で8位となり、41年ぶりのシード権の獲得に成功!!

2012年は三大大学駅伝の1つである出雲駅伝で初優勝を果たしました。

2014年には全日本大学駅伝で3位となり、そしてとうとう2015年の第91回箱根駅伝で総合優勝します。

 

監督就任から11年、念願の箱根駅伝初優勝で胴上げされた原監督は、満面の笑みを見せていました。

原普監督は監督就任当初「箱根駅伝に3年で出場、5年でシード権、10年で優勝争い」という目標を立ていたそうですが、就任11年目での箱根駅伝優勝とはお見事です!!

 

原普監督の書籍や講演会が絶好調!!

メディアへの露出の多い原普監督ですが、当然のごとくトークが上手ですよね。

以前の営業マン時代の影響でしょうか!?

書籍も多く出版されていて今までに合計で8冊出版されています。

アマゾンなんかで検索してみると殆どが星4つ以上の評価です。

しかし、原晋監督はこんなに本を書いたり、講習会なんかに参加する時間って有るのでしょうかね~!?

かなり気になるところですが、じつは青山学院大学駅伝部は毎週月曜日は完全なOFF!!

 

木曜日は半ドンで、午後はOFF!!

このようなタイムスケジュールなので、講演や、取材、執筆活動などの時間も確保できるようです。

ところで、講習会の出演料なんかが気になりますよね~!?

 

原晋監督の講演会についてですが、超絶人気な講演会のようです!!

スピーカーズと言う講演会講師派遣サイトが有るんですが、そのサイトの人気講師ランキングの1位が何を隠そう原晋監督の講習会なんです!!

主な講演テーマが『「箱根駅伝」から学ぶ成長する為の秘訣-より良い組織づくりがより良い人材を育てる-』ということになっています。

この講演会に関してのスタッフの声がこちらになります。

 

記録よりも人格重視の選手登用で選手のモチベーションを高めるメソッドは、まさに陸上会の「原魔術」。2016年の第92回箱根駅伝では一区からの完全優勝で連覇を果たし、東京マラソンでも青学旋風を巻き起こすなど、現在注目度ナンバーワンのスポーツ系指導者です。陸上会刷新のための提言も多く、TV番組のコメンテーターなど様々なメディア出演も増加。営業マンとしての高い実績も評価されており、ビジネス界からの講演依頼も多く頂いています!

参考元:スピーカーズ
URL:https://www.speakers.jp/instructors-ranking/

人気講師の相場についてですが、お概ね100万円以上だそうです。

この金額は一般論ですので、原晋監督ともなると更に高額となる可能性が十分にありますね。

スピーカーズでの原晋監督の人気ランキングに関してはこちら!!

講演会講師派遣サイト

基本的には青山学院大学の監督が本業でありますので、一般的な青学職員と同水準と仮定すると年収は軽く1000万円は超えていると想像されます。

この収入にプラスアルファーで書籍や、講演会の出演料等が加算されますので、かなりの高収入になることが容易に想像されますね!!

まあ、これらの条件を考慮して考えてみると原晋監督の年収はだいたい1500~3000万円程度になるものと思われます!!

かなりの高収入ですが、それなりの結果を出しているので頷ける金額でもありますね!

 

原晋監督の選手掌握術についての評判は!?

正月スポーツの代名詞とも言える箱根駅伝。今年のレースでは青山学院大学(以下、青学)が圧倒的な強さで優勝し、見事3連覇を達成しました。そんな青学を率いる原晋監督の指導方法は、体育会系部活動に残る旧態依然とした練習内容とは一線を画しています。
原監督は10年間ほどサラリーマンの経験があり、「伝説の営業マン」と呼ばれるほどの成功をおさめた人物。その経験を駅伝に活かしており、「ビジネスも駅伝も同じ」と言い切ります。現代の若者を掌握する指導方法は、ビジネスマンにとっても参考になるはず。今回は、原監督の指導方法の裏側をのぞいてみました。

参考元:ヤフーニュース
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00021637-president-bus_all

この件についてのコメントを見ていきましょう!

名無しさん
2017/03/26 11:53
原晋監督のように、可能性を見出だす人が、真の指導者だと思います。
名無しさん
2017/03/26 12:48
僕の上司にも、せめて少しだけでも良いから原監督の考えが伝われば・・・と、すごく思います!
名無しさん
2017/03/26 14:41
学ぼうという上の意識が、部下の成長しようという
意識を引き出すのではないでしょうか?
お互いの 意識がマッチすれば 可能性が育つのでは
ないでしょうか??
名無しさん
2017/03/26 18:38
指導力があるのではなくマネージメント力があるのだと思います!青学には専属トレーナーがいるんだけどその人にも頭を下げて頼み込んだらしいし、現代の子の性質をよく理解しているのだと思います!昔みたいに根性論一辺倒ではなく強くなるにはどうしたら良いかという事を考えさせ自主性をマネジメントしたんだと思います!
名無しさん
2017/03/26 15:32
指導者はまず、命令ばかりするのでは無く、自分が相手の立場になり、上を目指す指針を示せば、下は信頼して付いていける。
名無しさん
2017/03/26 16:24
指導法云々というより、スカウティングに成功して、いい素材が集まっただけだと思うんだけど。
名無しさん
2017/03/26 15:44
理不尽な指導者や先輩について行こうとは誰も思わない。練習もヤル気も削がれてしまうような環境では伸びる才能も潰される。
名無しさん
2017/03/26 15:55
日本の悪い文化ですよね〜。部活動の上下関係。全スポーツに言えますね。
名無しさん
2017/03/26 18:31
私達のコミュニケーションの中で、自分たちで考えて、成長することもあるよね。これはその典型的で、画期的な例でしょう。(⌒▽⌒)

 

原晋監督の奥さんや、子供について!

出典:http://www.tamatebakonet.jp/

原監督の奥さんは、原美穂さんという名前です。

結構テレビにも出ていたりするので有名人でもあります。

お子さんについては、今のところいないようですね。

 

優秀な遺伝子だけに悔やまれますが・・・(笑)

この原晋監督の奥さんは、なんと青学陸上部の選手寮に住み込み、選手の食事や健康、メンタル面のサポートを全部やっているんです!

住み込みでということあり、休みがないわけです。

 

それを10年以上も続けているのは本当にすごい事ですね。

結局は原晋監督だけの力ではなく、奥さんの力を借りて現在の青山学院大学駅伝部があると言って過言ではありませんね。

 

原晋監督まとめ

 

箱根駅伝で旋風を巻き起こした原晋監督で2017年も箱根を制し3連覇。

華々しい成功の陰には、挫折とそこから這い上がる泥臭い努力があり、かなりのチャレンジであった。

指導者として、弱小チームを1から現在の常勝軍団の青山学院大学駅伝部に育て上げた。

 

駅伝での完全制覇を成し遂げてしまった訳ですから、次なる目標はマラソンの分野になると思います。

最近の原晋監督の発言からも分かるように、かなり東京オリンピックを見据えたマラソン強化への道筋が見え隠れしています。

 

もしかしたらですが、2020年東京五輪では、原監督の教え子たちがもしかしたら活躍しているかもしれません。

青山学院大学駅伝部から是非とも東京オリンピックでのメダリストが出てほしいものですね!!

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

関連記事はこちら→三代目山の神の神野大地が青梅マラソン2017に挑む!!結果も随時報告!!

関連記事はこちら→びわ湖毎日マラソンに青山学院大学エース一色恭志が挑む!!

関連記事はこちら→東京マラソン2017!下田裕太【青山学院大学】が学生記録に挑戦!オタクって本当!?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です