2017/05/28

ケンブリッジ飛鳥のスパイクに粋なはからい!両国の国旗あしらう!!

出典:http://kokopyon.net/

こんにちは~!タケボーヤです。

ご訪問ありがとうございます♪

現在100m日本歴代9位の記録をもち、2016年リオデジャネイロオリンピック男子400メートルリレーではアンカーを務め見事銀メダル獲得の立役者でもあるケンブリッジ飛鳥選手。

 

父親がジャマイカ人母親が日本人

生まれはジャマイカ、育ちは日本。そんなケンブリッチ飛鳥選手。

リオデジャネイロオリンピックの時のシューズが話題になりましたよね。

今回はケンブリッチ飛鳥選手のシューズについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

 

ケンブリッジ飛鳥選手のプロフィール

名前:ケンブリッジ飛鳥アントニオ(けんぶりっじあすかあんとにお)
生年月日: 1993年5月31日
年齢:23歳
国籍:日本
出身地:ジャマイカ
身長:180センチ
体重:76キロ
出身中学:江東区立深川第三中学校
出身高校:東京高等学校
出身大学:日本大学文理学部
所属:ドーム(2016年12月4日よりプロへ転向)

 

リオオリンピック男子400mリレー時の国旗スパイクって何?

下の画像をご覧ください!

 

出典http://marbledog.wp-x.jp/

ケンブリッジ飛鳥選手のお父親の祖国である、ジャマイカの国旗が左足の内側に、日本の国旗が左足の外側にあしらわれていたスパイク。

ケンブリッジ飛鳥選手は「日本で育った日本人」と語っていますが、父親の祖国ジャマイカへの愛を感じさせるデザインということでジャマイカ人の方々を中心に話題となっていました。

粋な演出ですよね!!

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥オリジナルスパイク!!

オリンピックで着用したスパイクは米国アンダーアーマーの全面協力のもと、日米共同開発で作られたもの。

普段から使用しているUA SPEEDFORM PRO(日本未発売)をベースに、足型データを計測し、それを元に制作した専用のラストを使用した。

デザインを手掛けたのは、かつてウサイン・ボルト選手が過去2回の世界記録を更新した際に着用したスパイクをデザインしていたジャスティン氏。

 

ケンブリッジ飛鳥選手のスポーツに対する愛、そしてルーツなどの要素を取り入れている。

まず右外面には日本への誇りを示す日の丸や笹の葉、鳥居なそをデザインし、内面にはスタリオンを配置した。

ルールや固定概念に縛られない彼自身の信条や、日本陸上競技選手権を勝ち抜いた時のように”ダークホース/under dog”としてトップアスリートに挑戦して行くことを目指す、彼の思いを表現している。そして左内外面に、ケンブリッジ飛鳥選手のルーツであるジャマイカへの敬意を表した。リオ五輪直上に米プリンストン大学で行われた合宿を米アンダーアーマーチームが訪問。

スパイクの最終確認を行う徹底ぶりで、ケンブリッチ飛鳥選手の足を支えた。

 

出典:https://twitter.com/

 

ツイッターでの反応

 


 

ケンブリッジ飛鳥はなぜアンダーアーマー製のスパイクを履いているの?

2017年の時点で、ケンブリッチ飛鳥選手はプロスポーツ選手として活躍していますが、2016年の12月までは株式会社ドームに所属していました。

この会社はケンブリッジ飛鳥選手が使用している、スポーツメーカーのアンダーアーマーを扱っている会社であったことが関係していると思われます。

 

まとめ

ケンブリッジ飛鳥選手が通常使用しているスパイクはアンダーアーマー製のUA SPEEDFORM PRO(日本未発売)。

リオデジャネイロオリンピックの時はジャマイカと日本の国旗がデザインされたスパイクを履いていた。

ケンブリッジ飛鳥選手は、現在は株式会社ドームは退社しており、プロスポーツ選手として活躍中!

関連記事はこちら→ケンブリッジ飛鳥がプロ転向!!気になるスポンサーはどこ!?

スポンサーリンク