2017/04/30

2015行橋~別府100キロウォーク完歩!!2016年も完歩しよう!

こんちは! タケボーヤです。

今回は2015年10月10日に開催された第17回100キロウォークに参加した時のことについて書いてみたいと思います。

私は今回が初挑戦ですが、仲間内には2回めの挑戦の人もいます。

スタートまで超ドキドキです。

 

関連記事はこちら→行橋別府100キロウォークの司会者知っていますか? 宮崎暁子さん!?

スポンサーリンク

 

100キロウォーク完歩!!

2016年今年も10月8日(土)正午より行橋~別府100キロウォークが開催されますね。

スタート地点 福岡県行橋市正八幡宮

ゴール地点 大分県別府市別府的ケ浜公園(100.7km)

福岡県行橋市正八幡宮を出発し、別府的ケ浜公園を目指しウオーキングです。制限時間は26時間です。

スタートしてからは3ヶ所のCP(チェックポイント)を通貨しなければいけません。

 

1CP 中津 JR中津駅 36.0km

2CP 宇佐 鄕の駅 61.5km

3CP 日出 日出町保険福祉センター 87.3km

ゴール 別府 的ケ浜公園 100.7km

参加費 6200円 20歳未満3100円

 

友人に誘われ今回の第17回100キロウォークに参加することになったのですが、私は初参加です。

友人達は100キロウォーク経験者です。

私は2014年の2月頃より健康管理の1環として毎月100km程度ジョギングをしていたため、100km位簡単に歩けると軽く考えていました。

 

大会出場の2ヶ月前頃から、週に1度2時間のウオーキングを行い本番に備えました。

(ジョギングは平行して行う。)大会前日に一緒に参加する友人とサポートしてくれる友人と会食を行ったのですが・・・・。

 

(友人) 「お前さ~。どの程度練習したの~?」

(私) 「えっ。週に1度、2時間。だいたい10km程度歩いたよ。」

(友人) 「え~。たったそれだけ~?みんな他の人達は40kmぐらい連続で歩く練習してたよ~。」

(私) 「どきっ~~~~~ーーーーー!!」

(友人) 「やばいんじゃないの~?100km歩ける?」

上記のようなやりとりあり。

 

その後行橋のホテルに1人帰り、超絶不安になったことを強烈に覚えてます。

関連記事はこちら→ウオーキングでダイエットなんでなかなか痩せないの?効果的にダイエット!

スポンサーリンク

当日の持ち物。

 

1.リュックサック

2.靴下

3.ウィンドブレーカー

4.ヘッドライト

5.絆創膏

6.痛み止め(ロキソニン10錠)←超大事!

7.タオル

8.携帯電話

9.財布

10.馬油(股ずれ防止用)

 

上記の持ち物を全てリュックサックに詰め込んでコンパクトな状態にして歩行に支障のない様にします。

靴下に関してですが、みなさん5本指の靴下を勧めておられますが、私は普通の靴下を使用しました。

 

関連記事はこちら→2016年行橋別府100キロウォーク。結果!速報!雨対策!

肉刺対策について

100km歩き続けるという行動は完全に非日常的な行動だと言えます。

よって日常生活では思いもよらないトラブルが生じます。その中でも代表的なものが肉刺です。

肉刺対策については個人差があって一概にこれが正解であるということは言えません。

 

代表的なものが、5本指靴下の使用や、出来た肉刺を針で潰してテーピング等ですね。

因みに私は、3ヵ所のCPで必ず靴下を履き替えることであ足の蒸れを防ぎ、結果として肉刺の出来にくい環境を作る作戦でいきました。

結果的にゴールまでの間3つの肉刺は出来たものの、歩けなくなるほどの肉刺は出来ませんでした。

 

股擦れについて(馬油)

股擦れについてですが人それぞれであるとは思いますが対策としてはかなり重要なポイントです。

実際これが原因で完歩に至らなかった方もおられます。

ですので肛門の周りはこれでもか~ってくらい馬油を塗っておきましう。

 

因みに単なるワセリンとかだだと全然ダメらしいです。

100キロウォークの際はぜひ馬油を!!

100kmまでのみちのり

10月10日 12:00スタート。

私は初参加なので先頭から遅れること30分。

12:30にスタート。

 

序盤なので疲労もなく時速5kmの速度で歩き、中津に7時に到着です。

この時点では全然余裕でした。

この時点で辺りは暗くなっています。

 

中津駅ではバナナ、梅干しのサービスがありました。

中津駅までは特に疲れることは無いと思います。

ここでリタイアを考えるのは100キロウォークに対する準備不足の可能性があります。

 

問題はこの先。

夜のウォークです。

夜は眠くなるし孤独だし、大変です。

 

そんなこんなで、中津駅に到着です。

中津駅を後にし宇佐を目指します。

辺りが暗くなってきたのでヘッドライトを使用開始。

 

暗闇の中を歩きます。

途中でサポートメンバーの差し入れのおにぎりを1つ食べます。

鄕の駅到着は日付変わって0:10。

 

まだ時速5kmをキープしています。

この時点でだいぶ疲労を感じるようになります。

靴下を履き替え日出を目指します。

 

ここからの25kmは上りが続きます。

しかも途中で雨が降ってきたのでウインドブレーカーを羽織って歩きます。

雨に濡れて想像以上に寒かったのを覚えています。

 

また強烈な睡魔と闘いながら進みます。

日出までの最大の難所七曲り峠を越えると、辺りはだいぶん明るくなってきます。(七曲り峠のみ杖の貸出があります。)日出町福祉センターには6時52分に到着。

なんとここで、30分前にスタートした友人に追いつきます。

 

(友人) 「一緒に歩こうよ!」

こここまで1人で歩いてきたのですが、ここから2人で歩き始めます。

ところが、今まで1人でマイペースで歩いていたのに比べ急に人のペースに合わせて歩くことが大きなダメージに。

 

後半ということもあり、しだいに足が重くなり、ついにゴール3km手前で足がつりはじめました。

足がつったため、友人には先に行ってもらう事に。

ここから残り3kmを足を引きずりながら約1時間かけてなんとかゴール。

 

残り3kmは地獄でした。

結果的には21時間38分32秒で無事ゴール。

本当に疲れました。

 

ゴールした後の足のはれがひどく、家族にかかえられるようにして帰宅。(笑)

ここまできついとは思っていませんでしたがなんとか完歩出来ました。

2016年10月30日追記→足のつりには芍薬甘草湯が効くらしいです(ツムラ68)

まとめますと、初挑戦の方は無理をしないで、時速4.5km以下でゆっくりゴールを目指すって感じが良いと思います。

2016年の100kmウオークを目指している方は絶対完歩する信念で頑張ってください。

ろくに練習もしなっかった私でも完歩出来たのですから。頑張ってください。

 

今年は私はマラソンに挑戦するために不参加ですが、2017年は参加したいと思っています。皆さん目標を達成することで自らの自信にしていきまっしょう。

 

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございました。

関連記事→2016行橋~別府100キロウォーク完歩の為のオススメ準備品、持ち物はこれだ!

スポンサーリンク