2016行橋~別府100キロウォーク完歩の為のオススメ準備品、持ち物はこれだ!

こんにちは!タケボーヤです。

2016年、今年も行橋~別府100キロウォークの時期が迫ってきましたね。

今回は完歩に絶対に必要となってくるであろう、準備品や装備、持ち物やその他心の持ちようにについて去年2015年の完歩の経験を元に書いていこうと思います。

色んな意味で個人差はあるとは思いますが、必要物品についてはほぼ網羅されていると思います。

スポンサーリンク

 

100キロウォークオススメ準備品

 

・シューズ
・靴下
・Tシャツ
・雨具・防寒具
・帽子
・手袋
・タオル
・雨濡れ防止
馬油
・痛み止め(ロキソニンがオススメ)
・芍薬甘草湯
・BCAA
・安全ピン
・テーピング(カットバン)
・リュック
・ヘッドランプ(明るいものがオススメ)
・携帯電話(お財布携帯があると便利)
・ステンレスカップ(行橋別府100キロウォーク記念カップ)
・保険証
・参加要項

 

シューズ

シューズに関しては個人差があります。

大きめのサイズが良いと言う人もいますし、ジャストサイズが良いという人もいます。

また軽さを重要視するのか、靴底の厚さを重要視するのかで変わってきますよね。

ですので自分にあった物を慎重に選んでください。

オススメの靴紐の結び方→ランニングやウォーキングで足の爪が痛い時の解決策!ヒールロック

 

靴下

指同士が接触することで肉刺(マメ)が出来ます。

ですので、基本的には5本指ソックスが良いとされています。

私の場合は5本指ソックスが嫌いだったので、普通のものを使用しました。

 

その代わりに、チェックポイントのたびに新しい物に履き替えて、足が蒸れないように心がけました。

何枚か持っていく事をオススメします。

Tシャツ

必ず袖のある物を使用してください。(袖がないと、脇擦れをおこします)

天候に応じて選択してください。

また汗を沢山かいた場合には、着替えが必要になって来ますので、予備を準備しておくと良いでしょう。

因みに昨年2015年はわりと涼しい大会でしたので、着替える事は無かったです。

 

雨具・防寒具

昨年2015年も夜間に雨が振りました。

夜間は想像以上に冷え込んだ事を良く覚えています。

気温も下がりますし、雨具、防寒対策は非常に重要です。

私は夜間は長袖のTシャツの上にポロシャツ、ウインドブレーカーを着込んで夜間は歩きました。

場合によっては折りたたみ傘も必要になるかもしれません。

今大会(2016年10月6日現在)の間近の天気予報ではもしかしたら、雨がふるかもしれません。

コンビニ等で売っている安いカッパ等も準備しておいたほうが良いかもしれません。

夜間に濡れたら寒くてたまりません。ですので事前に購入しておく事をオススメします。

 

帽子

10月の始めの日差しは意外と強めです。

必ず帽子は持参しましょう。

参加者のはとんどは帽子をかぶっていたと思います。

夜間にヘッドランプを装着する際も帽子の上からの装着のほうが良いと思います。

 

手袋

大会受付の際にゼッケンやバッチと共に100キロウォークのロゴ入りの手袋がもらえます。

夜間気温が下がってきた際に私は使用しました。去年の夜間は本当に寒かったです。

 

タオル

必ず必要になります。

汗を拭くだけでは無く、夜間は首に巻いて防寒対策になります。

2枚は欲しいですね。

 

雨濡れ防止

スーパー等のビニール袋ですね。

途中で雨が降ってきても、ビニール袋があれば濡れません。

 

馬油

股擦れ防止の準備品です。

これをスタート前に肛門の周辺に少し厚めに塗っておく。

途中のチェックポイントでも塗り足しておくことで、股擦れが防げます。

ワセリン等では効果が薄いです。

馬油を購入した際に量が多すぎたりする場合は100均等で小分けできるケースを準備しておくと良いでしょう。

馬油が絶対にオススメです。

スポンサーリンク

 

痛み止め

完歩までの道のりは長いです。

その途中で必ずどこか痛みが出てきます。

そんな時に大活躍。私も大会中に6錠飲みました。(ロキソニン)

もし飲まないにしても、お守り的な感じで持っていた方が良いでしょう。

最近は病院に行かなくてもロキソニンSは薬局で買えます。

ロキソニンS

 

またイブプロフェン系より値段も安く、効果も高いので痛み止めはロキソニンSがオススメです。

値段は薬局によって多少の違いはあるものの、だいたい12回分で6~700円です。

ロキソニンは効果が発揮されるまでに少し時間がかかるため、痛くなりはじめか、我慢が出来なくなる前に飲む事がをオススメします。

実際に100キロウォークの最中で私は痛くなる前に飲みました。

 

芍薬甘草湯

足つりに対しての即効性抜群。持っていって損はありません。

 

BCAA

持久的な運動をする際にBCAAは非常に効果があります。

100キロウォークなどの持久的な長時間のスポーツをする際にも、筋トレをしているときと同じように、筋肉の分解と再合成が同時に継続的に行われています。

長時間走ったり歩いたりすると足が疲れて動きにくくなることが有ると思います。

 

このときに起きている現象は、身体の中では、筋肉の分解がどんどん進んでいるので、筋肉の中の栄養がなくなり脚が動かなくなっていくのです。

このタイミングでBCAAを摂取します。

ここでBCAAをとることで、脚が止まるのを防いだり、疲労を軽減したり、筋肉痛を軽くしてくれる効果があります。

BCAA関連記事→ジョギングやランニングでのBCAA摂取!ダイエットにも効果あり!

安全ピン

これは、もし肉刺(マメ)が出来た際に、その肉刺を潰すためです。

私は昨年完歩までに肉刺が何個か(3個位)出来たのですが、潰さずに歩き続けました。

 

テーピング・カットバン

肉刺を(マメ)を潰した場合その部位を保護するために使います。大会当日は行橋駅付近から正八幡宮まで駅沿いの道を歩いていくことになると思うのですが、その途中にドラッグストアがありますので、もし忘れた場合でも大丈夫です。

 

リュック

荷物は最小限の大きさにまとめましょう。

最近では、ランニング用のリュック等かなりコンパクトな物も売っています。

因みに私はそのランニング用のザックを使用しました。

無理やり押し込んでまとめた感じでした。

 

リュックが大きいと本当に歩きにくいんですよ。

リュックとは別に最近ウエストポーチで全く動いてもズレないようなものがあります。

小物関係はウエストポーチに入れ、それ以外をリュックに入れると良いかもしれません。

 

ヘッドランプ

かなり重要です。何が重要かというと、明るさが重要です。

ある程度の集団になって夜間は歩くことになると思います。

その時に自分のヘッドランプが暗いと本当に見にくいんですよ。

 

周りの人の明かりを頼りに歩いたかんじです。

ですので、出来るだけ明るいものを準備すると良いと思います。

携帯電話

色々と連絡を取ったり、思い出の写真等を撮るのに必要です。

また、レース中お財布携帯の機能があれば小銭が要らないため、便利です。

 

ステンレスカップ

レース中給水出来るポイントが何箇所かあります。

中にはスープやぜんざい等もあります。

そのようなポイントでステンレスカップが無いとサービスが受けれません。(ステンレスカップはスタート地点で500円で販売しています)私は買わずに後悔しました。

 

保険証

万が一の為

 

参加要項

色々と注意事項が書いてあります。

 

ダイエット効果は?

2015年に100キロ完歩しての体重変化ですが、なんと変化なしです(笑)道中の飲食はさほど無いと思いますが、さすがにプラマイゼロには驚きました。

私の場合は、100キロ歩く家庭の中では飲料水のみ摂取しました。

本格的な食事はしていません。

なのでダイエット効果は期待しないほうが良いと思います。

 

最後に一つのポイントとして、絶対に完歩するんだっていう熱い気持ち!

これが本当に大切です。

リタイアしたら、みんなからバカにされるな~。

とかでも良いんです。

 

何としてでもゴールに辿り着くんだって言う熱い気持ちが最終的には重要になってくるんだと思います。

兎に角めげずに、26時間有るんですから焦らず頑張りましょう。

2017年の行橋別府100キロウォークコースはこちら

 

行橋~別府100キロウォーク完歩の為のオススメ準備品まとめ

練習で経験していないことは本番でしない様にしてください。

沢山練習を積んでも多少無理をしないと完歩は出来ないと思います。

せめて練習で30キロ程度は歩ける様になっておいてください。

 

個人的には100キロウォークは全く体に良いこととは思いません。

むしろ体に悪いとさえ感じます。

その100キロウォークにあえてチャレンジする皆さん、是非完歩出来るよう心から応援しております。

大変でしょうが、完歩出来た時の圧倒的な達成感や成功体験は後の財産になると信じています。頑張ってください!!

 

何か質問がありましたら、お気軽に連絡ください。答えられる範囲で何でもお答え致します。

 

今回は以上になります。最後まで読んでいただき有り難うございます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です