行橋~別府100キロウォーク!!2016オススメ携行品!(ロキソニン)

こんちは! タケボーヤです。

今年も100キロウォークの時期が近づいてきましたね。

私は第17回100キロウォーク(2015)に去年参加し無事完歩達成しました。

さて今年は第18回大会ですね。今年は友人が初参加するとの事です。

さて、今回の大会概要を記述しておきます。

スポンサーリンク

 

大会概要

*参加資格

・小学生4年生以上で健康に問題がない事

・持病者、薬服用者は意思の許可を得ること

・20歳未満は保護者の同意を得ること

・中学3年生以下は保護者が全工程を同行する

・大会規約、および、各注意事項を遵守すること

 

*大会規約

(安全確保)

1.体長異変や事故、後遺症など、全て自己責任とします。

2.信号を守ること。黃信号は停止し、青の点滅時のみ駆け足を認めます。

3.15km地点以降は、横並び歩き、車道歩き、車道横断を禁止します。

4.夜間は、前照灯(各自持参)と後方点滅ランプ(配布)を必ず点けること。

5.車での個人、グループサポートは、コース上は全面禁止とします。

 

(トラブル予防)

1.走ること、ジョグ歩行(走りに見える歩き)を禁止します。

2.店舗や民家の出入り口、交差点、歩道では相手に道を譲ること。

3.コンビニ等で駐車枠内、車止めでの休憩を禁止します。

4.ポイ捨て、満杯ゴミ箱周りへのゴミ捨てを禁止します。

5.消炎スプレー、歩きタバコを全面禁止とします。

6.ストック(ノルディックポール)は、全面禁止とします。

7.夜間は、お喋りや携帯電話を控える事。

参加資格、大会規約は上記の様になっています。

実際去年参加して完歩した経験から大会規約について考えてみます。

ここに書かれているほとんどについて、参加者の皆さん遵守されていた様に思います。

 

消炎スプレーなどは結構使っている人を見かけました。

それ以外の規約に反するものは見かけませんでした。なので2016年の大会に参加される方もルールを守って、楽しく参加されてくださいね。

 

オススメ携行品

何しろ長丁場です。

体のどこかしらが、痛くなったりしてきます。

ですので必ず痛み止めの携行をオススメします。

 

痛み止めは、効く効かないに関して個人差があると思うので、自分に合った痛み止め携行しましょう。

私の経験ですが、これが正しいのか否可は分かりませんが、紹介しておきますね。

2015年の100kmウォークに参加し、完歩までに使ったロキソニンの錠数は、なんと6錠です。

 

基本的にロキソニは4~6時間間隔で内服するのが良いとされています。

私は21時間くらいで、完歩したので5時間おきに内服出来る計算になります。

このおかげで、ほぼ痛みを感じる事なく完歩できました。(ラスト3キロで足がつったのは別の話)兎に角必須のアイテムには間違いありません。

 

ロキソニンS

 

またイブプロフェン系より値段も安く、効果も高いので痛み止めはロキソニンSがオススメです。

値段は薬局によって多少の違いはあるものの、だいたい12回分で6~700円です。

ロキソニンは効果が発揮されるまでに少し時間がかかるため、痛くなりはじめか、我慢が出来なくなる前に飲む事がをオススメします。

実際に100キロウォークの最中で私は痛くなる前に飲みました。

 

まとめ

私は遠方「長崎県」からの参加だったんですけど、絶対に前日受付がオススメです。

当日慌てなくて済みますから。

あと年々完歩率が上がってきていて昨年大会は77.4パーセントもの方が完歩されています。

 

今年チャレンジされる方は是非完歩目指して頑張ってくださいね。

今回は以上になります。最後まで読んで頂きありがとうございます。

関連記事はこちら→行橋別府100キロウォークの司会者知っていますか? 宮崎暁子さん!?

スポンサーリンク

2 Comments

ガチャピン

減量が 思うようにいきません・・・
でも来年一緒に参加できるよう、がんばりますよ‼
初体験、ドキドキです( ̄▽ ̄;)

返信する
タケボーヤ

コメントありがとうございます!減量は難しいですよね。是非今大会での完歩を目指して頑張ってくださいね。完歩率70%以上ですから。【笑】

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です